5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

正直言って、ベートーヴェンは糞。

1 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 21:32:50 ID:tDxUZ0tN
とにかくメロディーがダサい。ほんとダサい。
しかも何のつもりかそのダサメロをしつこく繰り返し、追いかけ回す。。
じっと聴いていると、あの肖像画の偉そうで品の無いしかめっつらが
目に浮かんできて、やりきれない気持ちになる。
ロマン派の作曲家のほとんどがベートーヴェンの影響を
受けているとはいうものの、
それらの作曲家達のほうがベトより遥かに優れた音楽やってる。


2 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 21:40:40 ID:2u6Hfi/s
んだんだ

3 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 21:41:29 ID:dJsml26y
正直言って、このスレは糞。

4 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 22:01:44 ID:4Y4BtxKa
>>1
いやん、もっと誉めて〜

5 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 22:14:02 ID:fRaM0Mbc
>>1
だがそれがいい

6 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 23:42:37 ID:ntkIq6N9
で、1は誰が最高と? 

7 :1:2007/01/23(火) 01:42:57 ID:BT04mj3K
シュトラウス、コルサコフあたりが好きです

8 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 01:51:46 ID:iLUTj4WK
アンチモーツァルトはわかるがアンチベートーヴェンは理解できんなあ。

9 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 01:53:17 ID:2pUv+Qgm
>>7
まったく精神性のかけらも無い作曲家であるといえよう。

10 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 02:53:13 ID:RWjvVHww
>>1
3行目と4行目にワロタw

11 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 04:16:27 ID:Z0eAp0rX
ガキの頃ピアノ教室通ってた時はモーツァルトが死ぬほどイヤだったが
ベートーヴェンはちがった。

12 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 04:20:42 ID:q1KFq+7H
アイタタタタタタタ....


痛すぎるよ・・・・>>1

13 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 04:22:45 ID:jLorBbvO
>>1のような症状はクラ聴き始めて半年くらいの奴によく発生する勘違いだな。
初心者はひっこんでろ!。せめてCD2000枚聴いてから物言え!!

14 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 04:48:51 ID:7HCOdIub

        あ
               盛
                    り
                        上
                            が
                               っ
                                 て
                                   参
                                    り
                                     ま
                                      し
                                      た
                                     ('A`)


15 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 05:06:27 ID:wydo3WAc
剥げDo!あとバッハも糞だね。
プッチーニとチャイコフスキーが宝石の輝き。

16 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 05:18:11 ID:dec+fGh+
アンチモーツァルトの方が理解できないなぁ・・
俺はどっちも好きだけど

17 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 13:05:26 ID:jLorBbvO
                      ∴∴∴∴ 
                    ∴∴∴∴>>1∴∴
       | ̄P━━━━━━∴∴∴∴∴∴∴∴
        /  \
      | ̄ ̄ ̄|     シュー
      |  殺  |
      |  虫  |
      |  剤  |
      |   . |
      |___|


18 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 18:42:17 ID:6/ID+3Qr
まあ個人の問題だからどうこういってもしょうがないけど、モーツァルトが苦手な人は苦手なんだよな。

19 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 18:47:00 ID:XJg8bLFI
障害者批判は2ちゃんならではだね

20 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 00:13:20 ID:YYxTP3Xo
正直言って、カラヤンのベートーヴェンは糞。

21 :1:2007/01/24(水) 18:39:43 ID:6fTPEkme
じゃあべトベンの良さって何??
モーツァルトのような突き抜けた軽さも無く、
バッハのような深い宗教的な敬虔さも無い。
シューベルトやシューマンのような胸を締め付ける美メロも作れない。

大体、ベトが現れるまでは、音楽はもっと純粋で、素朴で、自然だったんだ!
作曲家の自己顕示欲むきだしの、感情的な、まるで聴き手に戦いを挑んでるような
暑苦しいウンコ音楽がこの世に広まったのは、全部ベトのせいなんだ。
奴は今頃、後年の作曲家達に悪影響を与えた罰として、地獄で苦しんでいると思うよ。

22 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 19:46:22 ID:B8eZkGnT
その暑苦しさがいいんじゃないかー

23 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 19:57:58 ID:G464m3rL
>>21
最高の誉め言葉をありがとう。

24 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 20:22:12 ID:XfznVuUU
かつて音楽とは教会で演奏する、いわば神に捧げる曲、または誰かに贈る曲が主流だった。作曲家は「職人」の性格が強かった。
そんな中、初めて音楽を「芸術」にしたのがベートーヴェンである。
確かにモーツァルトのような華やかさはないが、滋味深く、心の奥底のやさしさをそっと引き出してくれる。
交響曲は壮大な景色が目の前に見えるようだ。
ベートーヴェンは偉大な人物だ。

25 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 20:43:39 ID:Slxkm5Ub
話は変わるが、ベートーヴェンを古典派と呼ぶには抵抗がある。
ハイドン、モーツァルトの時期の音楽とは明らかに性質がちがうし、
一緒にするのは違うと思います。

26 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 20:55:09 ID:7HFvhbi3
まるで本人に会ったかのような口ぶりだ
>>1はきっと過去からやってきたんだよ

27 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 21:31:37 ID:RRchgxWN
俺の場合はベートーヴェンまでは聴ける。
その後の作曲家となると、どうも好きになれる人がいない。
個人的な感情が音楽に反映されすぎというか、それがクサくてわざとらしく感じちゃうんだよね。

28 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 21:50:52 ID:7kMESNWI
アメリカとかだとベートーヴェンはロマン波に分類されるみたいね。

どう考えてもロマン波だと思うが。

29 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:06:35 ID:+9bmmz3V
>>21
その分裂的精神が共感を生む。とくに日本人には好まれのさ。

30 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 08:31:03 ID:JDEXu5rK
>シューベルトやシューマンのような胸を締め付ける美メロも作れない。
ちみはヴェト先生の「ロマンス」を聴いたことがあるかね?
あれこそ旋律美と言うものだよ。ピアノソナタop.111の2楽章などは
シューマン、シューベルトなどクソに思える名旋律だ。
シューマン、シューベルト、メンデらあそこら辺の音楽こそクソだ。
ねちっこいロマンティシズム。虫酸が走るとはこのこと。
ちなみにシューベルトの「グレート」は、作曲家の無能ぶりを遺憾なく
発揮させた下痢便ビチビチ音楽だ。

ヴェト先生は、偉大なり。
そもそもマーラーなどの低脳音楽家はヴェト先生の真似をして合唱つきの
シンフォを書いているし、ブルックナー開始などは第9冒頭のパクリだ。
これほど後世に影響を与えた作曲家は他にいらっしゃって?

31 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 01:32:27 ID:7gHEJgOx
>>1 が、「運命」程度しか聴いていないということが、いまさらながらによくわかった。
いやもしかすると、「運命」すらも、まともに聴いていないのかもしれない。
もし、>>1 のように書きたいのなら、
交響曲、ピアノソナタ、弦楽四重奏は全部のメロディを知った上で書いてほしいもんだ。
ついでに、協奏曲やピアノの変奏曲、小品集、バイオリンソナタやチェロソナタも全部聴け。
ピアノトリオも忘れるな。
それでも >>1 のように書きたいのなら、全部聴いた上でかかってこい。相手にしてやる。

32 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 08:53:03 ID:mk9c4xxH
しかし、日本人は標題好きだなぁ

33 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 14:01:50 ID:CtJgbkdR

>>1はベートーヴェンが生きた時代を想像する能力がないんだね。


34 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 00:15:21 ID:ZADL2HOg
おまいら 何ムキになってるのw
おまいら何を言おうが言うまいが、ベートーヴェンは史上
最高の作曲家だよ。

35 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 02:03:14 ID:o6nORjcT
>>1
モツのジュピター第1楽章・第3楽章のダサさには負けるだろ。
演歌よりダサいクラシック書いたモツってやっぱり凄い!!

36 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 19:29:50 ID:SyupkWBu
日本においてベートーヴェンとバッハが神格化されてる原因はこれ。

文明開化→ドイツに学べ→ドイツ音楽サイコー!!ドイツ文学もサイコーー!!
→そんな中にロベルト・シューマンの評論が→バッハは神!ベートーヴェンは楽聖!ばんざーい。

なお、シューマンはショパンも絶賛していたので、日本にはショパン厨も大量に
発生し、現在に至る。

>>1の大好きなシューマンがベートーヴェンを熱狂的に崇拝していたと知ったらどうなるんだろうw
シューマンのあのしつこい動機展開はベートーヴェンの影響なのだが。

37 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 19:36:43 ID:SyupkWBu
自分が思うベートーヴェンのクソ度合い
文句なくクソ>皇帝、ヴァイオリン協奏曲
かなりやばい>英雄、合唱(どっちも長げえよ)
まずまず>運命、三大ソナタ
参りました>交響曲8番、ディアベリ変奏曲、ソナタ30〜32番

>>1のいう欠点は皇帝とヴァイオリン協奏曲で花開いたと思うw
どっちも動機から派生した中途半端な旋律を何度も繰り返すクソ曲といえよう。
英雄は一歩間違えればクソ化するところを踏みとどまった。
運命は動機を動機として使うことで成功。三大ソナタはポップス的展開にする
ことで成功。
交響曲8番は「俺はやればここまでできるんだぞ」ということの証明でお見事極まりない。
あと後期の室内楽およびピアノソナタは概ね人類の至宝といってよいでしょう。

38 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 00:52:22 ID:25je9h4h
確かにディアベリ変奏曲は良い。
ベートーヴェンの中でも傑出してる。

39 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 02:00:45 ID:szIvKx3S
>1
メロディーに対する感度が恐ろしく低いだけ、何様のつもり?

40 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 17:45:52 ID:/4OMsTwx
>>37
確かにヴァイオリン協奏曲は「クソ」は言い過ぎにしても、褒められないな。

41 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 20:22:20 ID:425mItbV
「正直言って」を付けた時点で>>1の負け。
とにかくこの「正直言って」がダサい。ほんとダサい。
他のネラーの方が>>1より優れたレスをやってる。


42 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:00:20 ID:7j3DNB5x
交響曲7番も同じ動機を徹底的に使いまわして成功した曲なのかな。
ヴァイオリン協奏曲は確かに冗長。演奏が良くないと本当に飽きる。
ディアベリも見事だとは思うけど演奏が悪いとひたすら長く感じちゃう。

43 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:29:15 ID:Iu+AjABF
>>1 激しく同意します!!!!

第九など耳にタコができるぐらい聞いてるので
本当ににタコができました

44 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 22:50:01 ID:Mb92jCMQ
指揮者の岩城氏は「指揮者 岩城宏之さんをしのんで」という番組で
交響曲第9番を駄作だと言ってた。1楽章〜3楽章は若気の至り、
後から付け足した4楽章はくだらない劇、馬鹿馬鹿しい
しかし俗物的によくできている、とのこと。
ベートーベンの交響曲のなかでは第8番が一番好きだそうだ。

45 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:01:35 ID:kgkdHdnd
第9の終楽章は初演後間もない頃からそういう評価があるよね。
おれは第9の終楽章より5番の終楽章のほうがある種の俗物性というか
気恥ずかしさを感じてしまう。
とは言え、ベートーヴェンにはさほど抵抗は感じないな。
押し付けがましいというか鬱陶しいのはリストのオケ曲とかヴェルディの
オペラ。くどいしうるさい。

46 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 23:39:49 ID:2djRCPJ0
をや。岩城は何か作曲して、内外に知れ渡るような名曲を書いていたっけ?
もしそういう作品がないのであれば、人のこと言えた義理か?岩城。

47 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 01:12:36 ID:ph1yqTHc
友達にベートーヴェン聴かせたら、
第五番の終楽章を、「これ、スターウォーズ?」
って言ってた。
第七番の終楽章を、「運動会みたい。」って言ってた。

48 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 08:39:00 ID:1eAobyDg
7番って、なんかバランス悪くない?
緩徐楽章だけでよかった

49 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 11:25:29 ID:yPz8jyvZ
馬鹿馬鹿しいものが人の心を打つはずないだろ
あまりに大衆に受けると嫌いになる人いるよね

50 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 22:53:41 ID:k3PKVKaZ
熱情ソナタは熱情が感じられない。
曲名は骨太のほうがよい。

51 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 01:30:07 ID:LSU+IQlI
日独防共協定の裏で国民党に武器を輸出していたドイツ人

52 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 02:58:20 ID:shB+bahz
ストラヴィンスキーが、
「ベートーヴェンは唯一、メロディを作る才能に恵まれていなかった。
生涯、この欠点にくるしんでいた。」(超うる覚え)
みたいなことを言ってるね。

53 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 03:42:13 ID:rnUJv3ep
と言うことは、メロディーの素晴らしいのは誰なんですかねぇ?
モーツアルトですか?

54 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 04:34:10 ID:uXbqNCjF
ベートーヴェンの理屈に貫かれた音楽性とそのコンポジションの合理性は類を見ない。
美しい・心地良いものだけが芸術でないという痛烈な批判。それを精神性と呼ぶ。
大フーガの突き抜けた前衛性は、未だに影響を与え続けている(ストラヴィンスキー・シニートケ参照)
西洋思想=パースペクティヴという原理を体現した、最初の作曲家といえよう。

55 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 06:48:33 ID:x5lMh9T/
バッハのが糞だと感じてるが

56 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 08:26:12 ID:MshMGcYJ
つまりクラシックが糞。なわけだ

57 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 09:05:13 ID:DnB3x7/H
>>56
クラシックが糞なのではない!
クラ板の住人が糞なのだ!

58 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 19:08:06 ID:rnUJv3ep
糞に失礼だろ、あやまれ!

59 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 19:44:37 ID:DnB3x7/H
世界中の糞さん。
クラ板のカスどもと一緒にしてゴメンナサイm(__)m


60 :名無しの笛の踊り:2007/02/14(水) 08:37:46 ID:RGpGYTkM
>>52
ストラヴィンスキーは第9の3楽章を聴いたことがあるのかな?
Vnコンの2楽章は?エンペラーの2楽章は?ピアソナOP111は?
失礼だが、ストラの春の祭典や火の鳥など、クソだよ。
あれこそ、音楽のかわりの荒唐無稽だな。
彼の作品のスコアなど、トイレットペーパーにもならん。

61 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 17:31:51 ID:L1k7309t
>友達にベートーヴェン聴かせたら、
>第五番の終楽章を、「これ、スターウォーズ?」
>って言ってた。

wwwwwwww

62 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 18:45:47 ID:BpDMEb7+
1は大丈夫なのか、まだ生きているのか、心配だ。
生きていたら、返事頂戴。

63 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 22:02:50 ID:3hARJkYq
メロディアスな曲がなく組み合わせ音楽って感じだよね・・・

64 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 22:24:08 ID:EmoYhn10
コリオラン序曲は好きだ

65 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 23:55:31 ID:mX5gA942
>>63
一般的に「組み合わせ」といわれるのはモーツァルトのほうみたい。

66 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 23:56:19 ID:kLbsIYl0
>>63
>>31

67 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 14:19:03 ID:MWzuEZ+D
間違ってもべトにはモツの夜の女王のアリアのような曲はかけない

68 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 15:09:56 ID:23si/DB7
★ 史上最大のパクリ作曲家 ベートーヴェン★

代表作は、モーツァルトのパクリです


ピアノソナタ月光・・・ オペラ「ドンジョバンニ」 K527 のパクリ

英雄交響曲・・・ オペラ「バスティアンとバスティエンヌ」 K50 のパクリ

第九交響曲・・・ 教会音楽 K222 のパクリ

69 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 18:26:28 ID:YFn96Pah
>>52
>うる覚え

お前にはもっと先に覚えないといけないものがあるぞ。

70 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 18:46:37 ID:wQ4RD8FS
そのダサメロが大好きなんですが…

71 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 19:05:58 ID:gy2GFNp6
「王様は裸だ」というのと似てるな
ベトベンはほんとダサっ

72 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 22:36:05 ID:aWywgYV7
>>1

 ある本から引用。
 「アンセルメが現代音楽について次のようにいっている。すなわち、『現代
の音楽家は感覚的対象と音楽的対象を混同している。しかも重大なことに、
両者の関係に通暁するのは容易ではない』と。」

 そうです。ベートーヴェンは「感覚的対象」には目もくれず、ひたすら「音楽
的対象」のみを追求したのです。
 「メロディーがダサイ」云々の問題は、「感覚的対象」に属する問題です。
そういうところにしか音楽の楽しさを見出せず、「音楽的対象」に目をむけない
(耳を向けない?)人たちは、モーツァルトでもロッシーニでもモリコーネでも
マンシーニでもポール・モーリアでも聴いていればいいでしょう。(ただし私自
身は以上の中でモーツァルトだけは「音楽性」も「感覚性」も両方備えた天才
だと思っていますが。)

 しかし、そういう音楽では満足できない、という人たちはどうすればいいので
しょうか? メロがダサイかどうか、などどうでもよく、アンセルメの言う「音楽
的対象」を耳で楽しみたい、という人は、どうすればいいのでしょうか?
 私は、そういう欲求が起きたときは、ベートーヴェンを聴いています。特に
交響曲の奇数番号を聴きます。晩年の弦楽四重奏曲も聞きます。(他に、ブ
ラームスの1番も聴きます。ブルックナーの8番も聴きます。)

 そういう絶対的需要のある作曲家を、「糞」はないでしょう。音楽愛好家とし
ての、音楽を聴く耳を疑われますよ。ダサいかどうかなんて、二の次、三の次
じゃないですか。

 ベートーヴェン曰く、「本質のみを語れ。」

73 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 00:07:35 ID:gfdvBdcQ
感覚的対象と音楽的対象ってどういうことですか?わかりやすく説明してくれるとうれしいです。
感覚的というのは、主観的な印象ということですか?
主観的印象と美的感覚に依存するということですか?
だとしたらドビュッシーは感覚的対象を追い求めた作曲家ということなのかな?
それとも全然違う意味ですか?感覚的対象、音楽的対象という言葉をアンセルメはどういう意味で使っているのか説明してほしいです。
アンセルメ、アンメルツ、、バンテリン。。最後の一行は悪ふざけです。

74 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 00:31:21 ID:y1cQCGH2
もう釣れたの〜?ちょ〜w 懲りずに狂会〜!

75 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 01:11:30 ID:eecV+z9a

感覚的対象
 気持ちいいのなら、どうでもいい、ということだな。
 要は、受け狙いだ。

音楽的対象
 真に、人を魂から感動感激させる、ということだろう。

このたとえでわからんのなら、文学にも美術にも縁が無いといえよう!


76 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 01:59:31 ID:q9JMsVVa
感覚的対象と音楽的対象って言うほど簡単に分かれるものじゃないだろ
ベートーヴェンは「感覚的対象」には目もくれず、ってのも嘘だろうな
あれでも心地よい音楽を書こうと必死だったと思う

77 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 02:54:29 ID:wZobn7tj
事実書いているな>ウェリントンの勝利
あれはお馬鹿で派手でスカっと心地よい音楽だ
アンチの俺でも認めるよ。


78 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 23:59:39 ID:vx8Vd1MO
・感覚的対象……単に、聞いていて「気持ちいい」ということ。
           いわゆる、「脳から『α波』が出る」とかいうやつ。

・音楽的対象……音の作り出す劇的構成。「ABAB´A」(ロンド)とか、
           「第一主題(主調)−第二主題(属調)−展開部(様
           々に転調)−第一主題(主調)−第二主題(主調に
           無事着地!)」(ソナタ形式)など、聞く者を感動させ
           る、音が織り成す「ドラマ」ないし「一幅の絵」。

79 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 00:06:15 ID:nbimymrP
       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',
.  ,'::.::.:.. :     :           l:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }               l:t
 _レ'´... _ゝ'__,. /  _,.‐---、  ,r=={:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/     rt:テヽ  {t:テヽl:::ヘ
. 冫{´:.. ._;.イt:冫       ´  ヽ ´.l:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }        r   ',  l^´
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「 ヽ      `ー-ィ  !   / 私はベートーヴェン君に一度会ったこともあるし、
    ,j:.:.:.:rl\ヽ     ―〜ァ /  <   その時に彼のピアノの即興演奏も聞きました。
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/     \ 彼は決してクソではないですよ。才能あります。
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ       \彼の才能は私が保証しますよ。
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ
,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V衣,〉ー}7
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V巛Y/ミ{

80 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 14:18:49 ID:KCV/O6AU
       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',
.  ,'::.::.:.. :     :           l:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }               l:t
 _レ'´... _ゝ'__,. /  _,.‐---、  ,r=={:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/     rt:テヽ  {t:テヽl:::ヘ
. 冫{´:.. ._;.イt:冫       ´  ヽ ´.l:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }        r   ',  l^´
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「 ヽ      `ー-ィ  !   / 私はベートーヴェン君に会ったこともない、
    ,j:.:.:.:rl\ヽ     ―〜ァ /  <   でもサリエリ君よりは才能あるんじゃないかね。
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/     \ 彼は決してクソではないですよ。凡才ですが。
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ       \まあ私の才能には程遠いでしょwwwwwwwwwww
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ
,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V衣,〉ー}7
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V巛Y/ミ{


81 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 22:46:43 ID:FjQ/wBQ1
>>80
 モツとベトは1787年に1回だけ会っている。ベトは当時16歳の少年。
 ベトは郷里ボンでの音楽の師匠ネーフェの紹介状を持ってウィーンに行き、
モツに弟子入りを志願した。
 モツは、次々に押し寄せる弟子入り志願者たちにはすっかり飽き飽きしてい
たので、気の抜けた言い方で「何かピアノで弾いてみないか。」と促した。ベト
は見事な演奏をしたが、モツは「どうせさんざん練習しきったのを弾いたんだ
ろう」と思い、また気の抜けた声で「うまく弾いたな。」と言っただけだった。
 空気を敏感に察した少年ベトは、モツに「何か主題を下さい。」と頼んだ。
モツが主題を与えると、ベトはそれを元に素晴しい即興演奏を始めた。驚い
たモツは、友人たちのいた隣室に入り、「おい、あの小僧に注目していろよ。
いまに世間を騒がすことになるぞ!」と告げたそうだ。

 このまま順調にいっていたら、「師匠モーツァルトに弟子ベートーヴェン」と
いう最強コンビが実現していたのだが、あいにくベトのもとに「母危篤、すぐ帰
れ」という手紙が届き、彼はわずか2週間でモツのもとを辞し、ボンに帰って
しまった。
 母の死を見送り、アル中だった父の死も見送り、ベトが次にウィーンに上京
を果たした1792年には、モツは既に死んでいた。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)