5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ファニオラは銘器?迷器?

1 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 23:24:07 ID:WSK+iMWo
銘器スレでは賛否両論のモダンバイオリン。あなたはどちら派?

2 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 23:25:04 ID:MiQfMUKY

【問題です】
シベリウスは○○年○月○日生まれである
【問題です】
フィガロの嫁は?
1.スザンナ
2.マルチェリーナ
3.バルバリーナ
【○×問題です】
ブラームスは4つの交響曲すべてにAllegro non troppoという指示を用いている


3 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 23:26:34 ID:MiQfMUKY
本気ですいません

4 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 23:29:15 ID:N0FsWmH6
名器とはいえないな、、、

5 :名無しの笛の踊り:2007/01/14(日) 23:35:15 ID:AASQpRUr
>>2-3
クソワロスwww

6 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 00:13:33 ID:SHbJ8qY8
人気化したのはいつ頃から?

7 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 17:26:23 ID:iRMpWxIp
2100年頃から。

8 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 20:39:02 ID:wf1bRlyr
 24〜5年前です。
それからゆっくりそして急速に人気がでました。
楽器は製作されて50年を過ぎるとその真価が分かり
はじめます。
 モダンイタリーの真価が分かり始めたのもその4,5年
まえです。
 戦後、日本経済が豊かさを実感し、だめなオールドと混在
しながら、モダンイタリーは光を放ちはじめました。

9 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 17:15:52 ID:t2cuAG83
ファニは人気の割りに玉数少なすぎ

10 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 17:30:16 ID:clYy9VoR
ファニオラは有名ソリストは誰も使っていないね。


11 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:30:59 ID:t2cuAG83
コレクションアイテムとして人気なのかな?

12 :名無しの笛の踊り:2007/01/16(火) 18:47:24 ID:9WiLHgNX
コレクションアイテムになるような物ではないですね、、

13 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 00:22:38 ID:WKO3lOkv
ガダニーニ、ロッカモデルそれと20年代のオリジナルモデルはコレクションアイテムですな。

14 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 00:32:41 ID:vChzM+fb
>>10
そういえばそうだね。
アッカルドはポッジでパガニーニに出たんだっけ?

15 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 01:13:39 ID:WKO3lOkv
1978年の第6回チャイコフスキーコンクールでアメリカ人初の覇者となったエルマー・オリヴェイラの愛器はファニオラですよ。

16 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 01:21:38 ID:p0BDKB9R
>>15
そんな誰も知らない人を出されても。

17 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 01:27:21 ID:WKO3lOkv
じゃ若い人で確かルチア・ミカレリもファニオラですよ。

18 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 01:36:55 ID:p0BDKB9R
なるほど、googleさんに聞いても知らないといわれるくらい有名な人なんですね。
>ルチア ミカレリに該当するページが見つかりませんでした。


19 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 03:13:20 ID:C7Iwsl0V
俺は弾き手やジャンルを選ばない
マルチなポッジの方が断然好きだな
実奏した印象では
ファニと比較すると限りなく(?)
ストラドに近い順応性があると思うがな

20 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 04:27:48 ID:48cNlOQF
エルマー・オリヴェイラをしらないだと!!(怒)

21 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 07:00:41 ID:Oqre9DvF
まともに鳴るファニオラは出会ったことないですね〜
単に運が悪いだけ?

22 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 07:56:21 ID:MwakCV4N
ファニオラ持ってたとき、同じ楽器のソリストを捜して、Lucia Micarelliの
「Music From A Farther Room」というアルバムを買ったよ。彼女、なかなか美人。
でも彼女は他にアルバム出してないし、ファニオラ使ってるソリストも他にいない…

今は違う楽器。ファニオラにないシルバートーンを持っていてハッピーです。


23 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 08:41:35 ID:WKO3lOkv
超有名どころでは、メイン楽器ではないけどアルテュール・グリュミオーはしばしばコンサートでファニオラ使用していました。
随分気に入ったみたいで自腹でお買い上げになったとのこと。たしか1933年製のでしたかな・・黄色っぽいやつでした。

24 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 09:43:44 ID:p0BDKB9R
>アルテュール・グリュミオーはしばしばコンサートでファニオラ使用していました。
千住真理子がコンサートで市販のピグマリウスを使っているようなもの?

25 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 14:39:26 ID:p0BDKB9R
オリヴェイラの愛器はデル・ジェスだよ。

26 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 20:44:33 ID:0T+Wopcq
ファニョーラは音色に対する志向性の強い奏者には
たまらない楽器です。
 ポッジやビヨーム(良質な楽器はストラドに近いシルバートーン
を持っているやつもある)は、弾きやすくてノーマルでとてもよい
楽器ですが、はっきり言って物足りません。
 所有した事もありますが、手放してしまいました。
 ところで、ファニョーラほど鳴ってシルバートーンを持っている
楽器は億に近い楽器でしょうね。

27 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 21:42:32 ID:C7Iwsl0V
僕はハンニバルからポッジに替えたが・・・?

28 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 22:23:04 ID:p0BDKB9R
それはうらやましい。

29 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 22:44:55 ID:fvVwDvqk
ファニョーラ,,,たいしたこと無いですよ、、、

30 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 00:44:00 ID:HmpQiCaW
>>26
この人、いつも同じこと書いてる…


31 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 03:54:22 ID:qnp29hFD
何が何でもハンニバルと言うなら
それは嗜好の問題だから 好きにすれば良い
ただファニは余りにもアクが強すぎて 弾き手を選ぶ
たとえそれが第一級のソリストでもだ
それと比較してアンサルドは我侭を言わない楽器で
汎用性が高いので 奏者がプロだろうが初心者だろうが
一定のクォリティーを発揮する
その意味では より目指すストラドのコンセプトに近いと思うが
そもそも銘器といえども所詮は奏者に弾かれてなんぼの道具
道具の分際で人を選ぶとは笑止千万
そんな偏太りのものが名器と呼ばれて良いのだろうか
それでもハンニバルがと言って止まない輩なら
新興宗教よろしく 勝手に信奉していれば良い。。。。。。

32 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 04:45:07 ID:3NCa1DvU
ファニオラって、何か字面も響きもイヤらしい。

33 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 05:35:29 ID:GNwkvXFo
オレノマラは銘器?迷器?

34 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 07:20:14 ID:yVG84/OR
>>30
同感!
鳴らない楽器をもっともらしく言うには
このように書くしかないのかしらって感じね。
なんか下手な楽器屋のセールストークを聞いてるみたいだわ。

35 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 09:22:20 ID:HmpQiCaW
どちらにもファニオラは入ってませんな。

http://www.gorodiary.com/elisabeth2005/eli3.php
http://www.gorodiary.com/kreisler2005/k4.php


36 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 10:50:50 ID:BrdBI4HR
まあ、あんな個性の強い楽器をコンクールで使うのは一つの挑発行為だな・・
しかし弾き手がいいと「ブリリアントだが繊細なシルバートーン」となるらしい。
1984年10月28日のNEW YORK TIMES で全盛期のオリヴェイラがファニオラでチャイコフスキーのコンチェルトを弾いた時の記事が出てるよ。

37 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 13:15:38 ID:HmpQiCaW
例えばテツラフは1999年製Peter Greinerとアルカスのカーボン弓でいつも演奏。
要は腕で、楽器じゃない。
オリヴェイラだったら、何を弾いても「ブリリアントだが繊細なシルバートーン」になるよ。
腕がいいからそうなるんで、ファニオラのおかげじゃないさ。
アッカルドがポッジを弾いても、テツラフがグレイナーを弾いても、
ハーンがヴィヨームを弾いても、「ブリリアントだが繊細なシルバートーン」だよ。
ファニオラの個性が強いと言うんだったら、ポッジもリナルディも同じく強い個性を持ってるよ。
ファニオラは好きだけれど、強い個性だの、たまらないだの、宗教みたく言うのは好かん。
所詮モダンイタリーの中で他より少しいいと言うだけ。それも怪しいけれどね。
お山の大将になるんじゃない。


38 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 16:01:05 ID:BrdBI4HR
これまた極端な。それでは銘器なぞ存在しないというわけですね
何を弾いても同じ音が出せるというのはどうですかね〜
それぞれ個性はあるでしょうに。

39 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 16:52:58 ID:BSQDgj2P
ストラドも1万の楽器も大半の人は区別できないのが現実。

40 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 17:19:51 ID:yVG84/OR
さすがにまともなストラドだったら1万の楽器とは区別つくだろ
でも50万くらいのレベルだと専門家でも音だけでは間違えそう



41 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 19:24:01 ID:BSQDgj2P
正月番組でやってたが音では区別がつかない人が大半だったよ。
そんなもんさ。

42 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 19:51:47 ID:CsvGuBZS
フニョーラからポッジに替えたのはどうしてですか。
ファニョーラがまがい物だったからですか。
それとも弾きこなす能力がなかったからですか。



43 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 20:23:05 ID:s40goirN
「弘法、筆を選ばず」と言いますが
「銘筆、書き手を選ぶ」ですか?

それほど弾き手を選ぶ楽器は銘器とは言えないのでは?
結局、名手はどのような楽器でもそれなりの名演をするのですから。

すくなくともファニオラとやらは私には関係ないですね。


44 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 20:37:37 ID:CsvGuBZS
20世紀のモダンイタリーのランク付け


SSS ファニオラ
SS  エンリコロッカ
S  オドンネ、ガリンベルティ、ポラストリー(父) 
AAA グエラ 、フランチェスコガダニーニ 、      
  カンディ、
AA  ジュセッペぺドラチーニ、ポッジ、レアンドロビジャッキ
   リカッルドアントニアッチ、オルナッティー
   ガエタノスカラボット、ステファノスカランペラ
A   ルッチ、レッチ
B   カッピキオーニ(父) セストロッチ マリノガッダ


45 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 21:30:33 ID:BSQDgj2P
どう考えてもファニョーラとポッジは逆だな。

46 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 22:17:16 ID:GNwkvXFo
テレ朝でダウンタウンの浜田がやってるバラエティでよく聞き比べやってるよね
俺バヨリンは分かったけど、ギターは5万と1000万区別つかなかったw

47 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 23:05:07 ID:qnp29hFD
>>42
決してハンニバルは悪い楽器ではないが
所詮はスペシャリストなんだよ
弾き手を選ぶし曲も選ぶ
おまけに演奏環境までね
レアンドロやアンサルドみたいな
汎用性や多様性がない
楽器の機嫌をとりながら演奏してても
面白くないでしょ?

48 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 00:09:22 ID:znDvuxxC
20世紀のモダンイタリーのランク付け(改訂版)

SSS E.ロッカ
SS  A.ガダニーニ、G.B.リナルディ
S  ファニオラ、ペドラツィーニ、F.ガダニーニ、ガリンベルティ、ポッジ
AAA L.ビジャッキ、アントニアッツィ、A.ポラストリ、カンディ、
G.スガラボット、S.スカランペラ、M.カピキオーニ
AA  オドーネ、グエラ、オルナッティ
A  ルッチ、レッチ
B S.ロッキ M.ガッダ、G.ポラストリ

49 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 00:46:47 ID:qbUtTAYj
>>37
テツラフの音ってなんか地味だと思ったら楽器がイマイチなのか。

50 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 00:59:40 ID:zPV9L/e3
>>49
本気でそう思ってるとしたら
あなたの耳と音楽性の方ががイマイチです
逝って良し


51 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 07:52:06 ID:CMYz6c9Y
>>42
単純にポッジの方がファニオラよりいい楽器だったからだろ。


52 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 10:58:21 ID:I4XQ7oH2
31,47=「ハンニバル」とよんでる時点で素人丸出し。
51=世の評価と逆ですね。
37,50=耳悪杉。

53 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 12:34:51 ID:CMYz6c9Y
>>52
耳悪いのはお前。37、50のどこが悪いか言ってみな、ファニオラ信者さん。
世の評価、ってなによ?一時的に高くなっているからいい音とでも?
大方、大枚はたいて買った自分のファニオラの音に納得できなくて絡んでるんだろ。


54 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 18:21:30 ID:nxYKtaam
いや〜私だってあのような楽器に大枚はたいたら
2chの力でも借りて、それこそ煽って煽って
値がつりあがること期待するでしょう
そしたらもう少しましな楽器に買い替えられますもの
ファニオラ信者さん(このスレでは1人かな?)の讃え方は
あんまりにも無理があって寒すぎるな〜

55 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 19:16:52 ID:aQRORcLf
>>53
でもテツラフの音は普通に地味でしょ?
甘美な音が好みでない人もいるだろうけど。

56 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 19:21:36 ID:CMYz6c9Y
>>55
いや、ライブで聴いたけど、全然地味じゃないぞ。太くて伸びやかな良い音だよ。
艶やかとは少し違うが、美音といっていいだろ。

57 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 19:38:08 ID:XQxso5sU
誉め殺しという奴なのかな?

58 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 20:45:41 ID:2+Ljv5QW
48で大方問題はないが、如何せん経験不足で
エンリコとリナルディとアントニオガダニーニは
ほとんど弾いたことがない。

エンリコは数台弾いたが大型のストラドもどきで、そこまで魅力を
感じなかった。(知り合いのプロのオケ奏者がもっているが今度
ゆっくりみせてもらうわ。ファニョーラよりもいつも少し高価だ。)
リナルディはまがい物数台弾いたことがあるのみ。
本当良いヤツを弾いたことがないから何もいえない。中級品という
イメージしかない。リナルディは二十数年前200万そこそこの楽器
というイメージだ。
しかし、そのころその位で買った知り合いが
1000万位はすると10年前に言っていたから驚いた。
アントニオにいたっては今まで2台しかさわったことがない。
アントニオの本物に日本で出会うことはまずないだろう。
二十数年前フアニョーラを400万くらいで購入した時
アントニオは700万くらいだった。フラットな黄色い楽器で
下の響きが薄くあまり魅力を感じなかった。その楽器は芸大の
学生が購入した。



59 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 20:54:26 ID:hk4JLO+l
>>44
素人のランク付け、、、笑い、
馬鹿か、、、

60 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 21:36:58 ID:zPV9L/e3
>>52
分かり易くハンニバルと言っただけなんだが・・・
本格的に「アンニバ〜rrrレ♪」って言えば満足かい?

61 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 21:45:25 ID:qlNQGCOR
ファんニョにんョにんョら・ら・らって言わなきゃダメよ!

62 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 22:22:01 ID:2+Ljv5QW
59君へ

じゃあ君の貧弱な経験値でやってみてください。


63 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 22:36:21 ID:2+Ljv5QW
20世紀のモダンイタリーのランク付け(改訂版) について
の私見

SSS E.ロッカ
SS  A.ガダニーニ、G.B.リナルディ
S  ファニオラ、ペドラツィーニ、F.ガダニーニ、ガリンベルティ、ポッジ
AAA L.ビジャッキ、アントニアッツィ、A.ポラストリ、カンディ、
G.スガラボット、S.スカランペラ、M.カピキオーニ
AA  オドーネ、グエラ、オルナッティ
A  ルッチ、レッチ
B S.ロッキ M.ガッダ、G.ポラストリ


オドーネとグエラのランク付けが低すぎ
トリノの楽器に対する嫌悪(ファニョーラに対する
近親憎悪か)が見え見え。

オルナティーもなんでこんなに低いの。
ぺドラチーニは少し高すぎ。
F.ガダニーニは数が極端に少ない。
カピキオーニはそこまでよい楽器ではない。
ガリンベルティは良い楽器で問題なし。

59番さんどうぞ。

64 :48:2007/01/19(金) 23:06:12 ID:CMYz6c9Y
>>63
改訂した本人。
オリジナルは知らんし、>>44でも>>59でもないよん。

>オドーネとグエラのランク付けが低すぎ
>トリノの楽器に対する嫌悪(ファニョーラに対する
>近親憎悪か)が見え見え。
嫌悪なんてないない。
グエラをしばらく弾いてたからそう感じただけ。
それに、L.ビジャッキやアントニアッツィより低いと思う。

>オルナティーもなんでこんなに低いの。
低すぎた?

>ぺドラチーニは少し高すぎ。
そんなことないと思うよ。こんなもんでしょ。

>F.ガダニーニは数が極端に少ない。
でも、A.ガダニーニよりは落ちるよ。

>カピキオーニはそこまでよい楽器ではない。
そうか?こんなもんだと思うよ。

>ガリンベルティは良い楽器で問題なし。
どうも。

あとは、G.ポラストリが低すぎた。
レッチじゃなくてG.レッキ。




65 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 09:50:47 ID:WCCvoo0g
59様出番ですよ

66 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 23:32:49 ID:Wwe2SP6P
>>62
偽物しか見たこと無い君!
笑われるよ、、、

67 :名無しの笛の踊り:2007/01/21(日) 12:36:03 ID:rGchN5IN
59番様(本物を見てきた君)

そろそろ出番ですよ。
往生際が悪いんだから。(笑)
それとも、そろそろスルーしてあげましょうか。
それでなかったら、経験を語ってください。


68 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 07:12:45 ID:JhS29MJe
お早うございます。
40年以上も昔に日本最古の楽団でコンサートマスターをさせて頂いていた
80過ぎの年寄りです。
私等が口を挟むのは場違いである事は重々承知していますが
一言だけ言わせて下さい。

私は有名どころではファニョラとビジャキとポジとシャノを所有していますが
それらの序列は優れた順に次の通りです。

@ビジャキ Aポジ Bシャノ Cファニョラ

ファニョラは最近のモラシやビソロティと同様に私を落胆させてくれました。

確かに興味深く得難い魅力もある優れた物である事には間違いありませんが
そうそうたるモダン楽器の雄たる迄の実力はございません。

余計な事を申しました。
失礼致します。 



69 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 08:47:13 ID:VoyCCTdk
東京フィルですか、新響ですか。

70 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 09:13:40 ID:3wlbB3eK

マジで質問すんなよ
80過ぎの爺いがこんなところにくるわけないだろう
それに文章がいかにも年寄りを演じました..だけど
完全に演じ切れてないだろ

でも、序列にはなんとなく納得

71 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 09:52:59 ID:JhS29MJe
好々爺を演じましたのはその通りなのですが
私本当に昭和2年生まれの年寄りなのですよ。
そろそろ寿命も近付いてきましたので
近年身辺整理をしておりまして
厄介者のファニョラ(ファニオラ)も何とかしようと思い
世の動向を調べておりましたらここに行き当たった次第です。
もう随分と昔の話になりますが
こんな私でも嘗て新響から改名早々のN響のお世話になった事がありまして
セカンドですがコンマスをさせて頂いた経験もございます。
場違いな老人が出過ぎた事を申し上げ
この場を混乱させてしまい申し訳ございませんでした。
皆様の侃々諤々が大変興味深く如何にも楽しそうでしたので
ついつい要らぬ事を書いてしまいましたね。
どうぞご勘弁願います。
この上は皆様の会話を読ませて頂くのみに留めて
余計な差出口は二度と何も申しません。
本当に失礼致しました。

72 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 10:07:15 ID:loEe2QLc
>>71
ここのスレでファニオラを絶賛してる人に高く買ってもらえば?


73 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 12:45:07 ID:VoyCCTdk
まさか阿部富士雄さん?

昭和2年というと赤星昭生、青嶋昭男、阿部富士雄、遠藤磨里、江藤俊哉各氏の
生年ですね。

74 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 19:55:12 ID:UAv0YZJY
68様レスありがとうございました。

 できれば、その4台の使用期間と購入時期、金額等を
記入いただけませんか。
そうすれば、それらの楽器の質を大方想像できます。

 多くの方が、フランスのジャンキーな楽器をファニョーラ
として購入されています。そうしたファニョーラをアマチュア
の方がもたれているのを何度かみたことがあります。
(そうした楽器は高く購入されたとしても売るときは二束三文です。)

 また、ビジャッキもたくさんいらっしゃいます。レアンドロ
の本物を日本で見ることはほんとにまれです。(平均的な
ファニョーラより素晴らしいビジャッキはもちろんあります。)

 



75 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 20:15:46 ID:BgImr/9I
>>74
君、前にも他の人に同じような質問をしてたね。いったい何を証明したいわけ?


76 :名無しの笛の踊り:2007/01/22(月) 20:17:05 ID:VoyCCTdk
68さんの個人情報を詮索する気はまったくないのですが、可能な範囲でうかがって
みたいことはたくさんありますね。ある意味生き字引ですから・・

77 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 10:58:56 ID:4BdTeCfQ
74様
ビジャキは60年代にイタリー旅行の折
二人の御子息の工房を訪ねて無理を押して戴いたものです。
あとは当時の大先輩であったKさんに御紹介頂いたローマのディーラーか
クレモナの何れかの工房で求めたものだったと思います。
シャノは某団友より譲り受けたものです。
どれも48年から75年の間に手に入れたのですが
当時の金額で100〜350万円位はしたのでしょうか。
求める度毎に預金はもとより車や家等が消えて行き
家族には大変な苦労をさせてしまいました。


78 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 14:09:12 ID://3l0XqP
横からすみません。
そのFagnolaの製作年、状態、モデル、裏板枚数、ニス色、どこの鑑定書付なのか等の詳細と希望売却価格をお教え願います。
場合によっては買取たいので。

79 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 20:48:08 ID:CEd6LHdw
77様ありがとうございました。

 ファニョーラについては私の知人も購入を希望している方が
いらっしゃいます。(というのも当方の楽器を欲しいと言われた
のですが、全く売る気がないので、似たような楽器があれば
ほしいとのことです。)

因みに、当方の楽器は

 1926年 
 状態はミントではありませんが、極めて健康です。
 プレセンダモデルで、ピンクがかった赤と黄色の間の色です。
 2枚板です。
 鑑定書はメーニックとエリックブロットがついています。

 このていどの楽器で1000万を少し越えるくらいでしたら
 購入を希望します。

80 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 21:22:17 ID://3l0XqP
ライバル出現ですか・・・(苦笑)
私はコレクターで腕はアマチュアレベルです。10年程前からFagnolaを集め始めました。
Fagnolaの特異な経歴と人格(ほとんど奇人ですね)、才能、そして切れば血の出るような音色とニスに魅せられています。
所有楽器は1915年ガダニーニモデルと1926年オリジナルタイプです。
1915〜1920年半ばのロッカモデルなら2000は出します。
よろしくお願いします。


81 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 22:53:05 ID:ieIW5YQb
匿名サイトでマジで商取り引き?
ここはロールプレイサイト化してきたのですか?
それともこれも迷器ファニオラをなんとしても持ち上げる新手の作戦ですか?

82 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 22:56:26 ID:CEd6LHdw
当方、25年前からファニョーラには注目してきました。
日本の楽器商に入ってきたファニョーラは結構数を見ました。

しかし、1915年のガダニーニモデルは見たことがない
のでぜひみてみたいものです。
(某国営オケの○澤さんの赤いガダニーニモデルは弾かせて
もらったことはあります。)

1926年のオリジナルモデルは多分もう一枚ラベルが貼ってあった
のをはがされたのではないですか。(ブロットは多くの一枚ラベルの
楽器はもう一枚貼られていたラベルをはがされたものだと言っていま
した。)

オリジナルモデルならこれもぜひ見たいものです。
ファニョーラ倶楽部でもできれば良いんですがね。

83 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 23:28:27 ID://3l0XqP
ファニョーラ倶楽部ですか。いいですね。
私は最近の軽い演奏は好まず、楽器も簡単に良く鳴るだけでは満足できません。
バッハの無伴奏ならシゲティという具合です。
ご指摘のラベルですが、たしかに一枚剥されただけかもしれません。であればプレセンダモデルでしょう。
ただ貼ってあるFagnolaのラベルは彼の初期の物なのでオリジナルかと思ってました。


84 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 23:46:34 ID:ktgQGYn8
ファニョーラ倶楽部…馬鹿杉


85 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 00:19:46 ID:gkkktq8L
横浜に「ファニョーラの会」ってのがありますね。
昨年の7月23日にフィリアホールでバッハ無伴奏やメンコンの演奏会やってたよ。
あれって全曲ファニョーラでやるのかな?ファニョ−ラ信者達は凄すぎじゃ〜!!


86 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 00:24:03 ID:bHEjevqg
次代のストラドはどう考えてもプレッセンダだろ

87 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 00:27:58 ID:gkkktq8L
対抗して「プレッセンダの会」つくりませんか?
私は買えないので会員になれないけど・・ウッ、悲しい。

88 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 01:14:02 ID:B0qLtLD8
じゃ、漏れはヴィヨームの会。
桂冠会長:パガニーニ、名誉会長:クライスラー、
会長:ヒラリー・ハーン、副会長:サラ・チャン、
会長補佐:アン・アキコ・マイヤース


89 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 07:23:49 ID:gkkktq8L
ファニ信者ってファニを神と崇めてるみたいだから近寄りがたい。
手に入れるためならいくらでも出すし。
去年1500万で出してたとこが年明けたら1800万に値上げしやがった。
それでも売れるんだから楽器店も笑いが止まらないわ。
そのうちファニ専門店でも出来るんじゃね?

90 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 20:19:31 ID:66Yq39xE
 馬鹿杉てごめんなさい。

今のファニョーラは手放せませんが、
素晴らしいヨーゼフ・ロッカは欲しいです。

(ファニョラをもう一台購入するよりは、ストラド系の
ガリンベルティ、ポッジ、張り込んでロッカあたりの
違うタイプも良いと思います。)

 ビヨームもメシアのコピーがサザビースのオークション
カタログに出て欲しいと思いましたが、結局オークション
にかけられる前に売れてしまいましたね。
(それってありですか。)
 あのビヨームは良かったですね。
どなたが購入されたのですか。


91 :名無しの笛の踊り:2007/01/24(水) 20:37:02 ID:66Yq39xE
 ラベルですが、たしかに一枚剥されただけかもしれません

事実はわかりませんが、ラベルの貼られている位置が中央に寄っている
(もう一枚プレセンダの細いラベルを貼る空間がある)ようでしたら
素人目に、ラベルが一枚はがされたのではないでしょうか。

 ところで、2台の楽器の違いはどんなものですか。
多分鳴らしやすいのは、ガダニーニモデルで、深い音がするのは
オリジナルモデルではないですか。

 今までの経験ですが、ガダニーニモデルは弾き易くバランスが良い
のですが、底の深さに少し欠けるように思います。
 トリノ時代のガダニーニはストラドの影響をもっとも受けた時代ですね。

92 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 09:53:01 ID:9EY/dzwS
確認したところ、ラベルの位置はF字孔の真下で2枚目を貼るスペースはありませんでした。
ラベルは左上の十字も枠も無く、19**の9の字が少し下にずれている1910年代までに多用していたものです。
音は確かにオリジナルタイプの方が遥かに深く質感もありますが、かといって重くもたれずシルバートーンです。
オリジナルこそFagnolaの真骨頂でないかと思っています。

93 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 19:27:22 ID:Akannqcz
オリジナルこそFagnolaの真骨頂でないかと思っています。

 楽器を見ていませんが、多分そうでしょう。

オリジナルかどうかは専門家でないので分かりませんが、
1926〜29あたりのミディアムアーチの楽器には
ほんとに良い音がする楽器が存在します。
ガダニーニモデルのフラットな楽器よりは数段素晴らしいと
思います。

 Lucia Micarelliやカメレオンの○籐先生の楽器はそうした楽器と
は違って底が浅い楽器のようです。
 そういえば、Lucia Micarelliのアルバムのなかの曲はミキティが
トリノの前のスケートのバックで使っていましたね。
 ファニョーラがいつも流れていましたよ。

94 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 20:12:34 ID:Akannqcz
 ミラノのビジャッキやフランスのビヨーム、そしてクレモナ
のコンテンポラリーに魅力を感じないわけが少し分かってきた
気がします。
 それら共通して言えることは、工業化と画一化の波にさらされて
しまったことです。皆さんほんとうに才能があって、彼等の作った多くの
楽器はすばらしいのに、トータルして納得いくものでは決してありません。
 ですから、ビジャッキよりもそこから抜け出して独自の道を歩んだ
オルナッティ、ガリンベルティ、ペドラチィーニ等のほうがよっぽど
分かり易いしすきです。
 今は、クレモナの楽器より、ボローニャの楽器のほうが数段好きです。
この間、楽器フェアーでレガティと話をして、彼の楽器を弾いたときに
つくづくそう思いました。
 

95 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 20:59:40 ID:kR0nI83K
コンテンポラリーでR.Regazziが最高

96 :名無しの笛の踊り:2007/01/25(木) 23:49:50 ID:505OQxmz
>>92
>音は確かにオリジナルタイプの方が遥かに深く質感もありますが、
>かといって重くもたれずシルバートーンです。
それを専門家の間では「鳴らない楽器」という。

97 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 00:01:11 ID:ExkozrnR
ファニョーラ程度のモダンがシルバートーンなわけ無いだろうが、、、
アホだらけだな、、、笑い、

98 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 00:24:46 ID:LdMDliyr
>>97
禿胴。
ファニョーラ弾いてみたけどシルバートーンじゃない。
元気なモダンだった。

99 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 17:29:49 ID:Nuku34n8
しかしオリヴェイラのファニオラもシルバートーンと評されてたしあながちウソとも云えんよな。
なにせオリジナルなるものは触ったこともないんで漏れには分からん。
もしかしてオリ先生のもオリジナルモデルだったりして。
あまり見ないからレア物なのかね?エロい人おしえて。

100 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 17:34:32 ID:bOPd6+jo
100

101 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 17:53:12 ID:ehUTElns
シルバートーンってのも怪しいものだな。
素人を騙せる程度に鼻声にすることは調整でできる。

102 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 18:49:41 ID:xSEAa8TZ
わたしのファニオラ試奏経験から言わせてもらうと
シルバートーンという表現からは一番遠い楽器だと思う
なんて表現したらいいかわからないんですけど
バーッて感じの少し下品な音
元気なモダンの音っていう表現もある意味当たっていると思う

103 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 19:54:15 ID:thyvTutY
同感。シルバートーンとは程遠い。元気なモダンの一つに過ぎない。
でもそう言うと、「それは贋物」と言い出す香具師が出るんだな。
K氏の本では、ファニオラの評価が高いのはプレッセンダやロッカのレプリカで、
コピーものは普通のモダンと変わらない、って言ってたぞ。
少なくとも、この板でファニオラを持ち上げている連中よりは
K氏の方が楽器についての見識はあるだろ。


104 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 20:09:35 ID:Nuku34n8
レプリカはシルバートーンなんですか?
オリジナルの評価についてK氏は何と?

105 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 20:20:07 ID:1y3Z/ljv
前にも書いたけど

 シルバートーン(シャリ感?)はミディアムアーチの楽器には
なかなか無いと思います。(音色を殺してドミナントでもつけますか。)
 しかし、フラットなタイプの楽器にはシャリ感を持った楽器が
あります。Lucia Micarelliや○籐先生の楽器はそうです。
(ある意味良質なモダンイタリーの範疇を抜け出せません。)

 シルバートーンに関しては、良質なビヨームの方が数段上でしょう。
下の響きを持ってシャリ感のある楽器は、デルジュスの影響を受けた
ストラドとマントバのピエトロガルネリ(○山先生の。何度か弾かせて
いただきました。)くらいだと思います。もちろんデルジュスも。

 96さんの
 >音は確かにオリジナルタイプの方が遥かに深く質感もありますが、
>かといって重くもたれずシルバートーンです。
それを専門家の間では「鳴らない楽器」という。
 というのはあるレベルの演奏家においてはそのようだと思います。
(そうした人にはファニョーラの意味は分かりません。)

  

106 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 20:56:12 ID:1y3Z/ljv
コピーものは普通のモダンと変わらない

こんな表現はどこにも有りませんし、
かれも極東の一ディラーにすぎませんよ。
いままでかれにまつわる胡散臭い話は
いやというほど聞かされました。

107 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 21:43:23 ID:thyvTutY
>>104
>シルバートーンに関しては、良質なビヨームの方が数段上でしょう。
>下の響きを持ってシャリ感のある楽器は、デルジュスの影響を受けた
>ストラドとマントバのピエトロガルネリ(○山先生の。何度か弾かせて
>いただきました。)くらいだと思います。もちろんデルジュスも。
過去、素晴らしいストラドやデルジェスといわれた中に、
ヴィヨームのレプリカがどのくらいあったことか。
ファニオラとヴィヨームやストラドを同じ土俵で論じること自体噴飯もの。

>(そうした人にはファニョーラの意味は分かりません。)
ま、想像通りの台詞だね。それでは誰も納得しない。

>>105
漏れも色々聞いたけど、あなたよりは楽器のことを知ってると思うよ。


108 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 21:44:14 ID:thyvTutY
↑番号ずれ。
>>104>>105
>>105>>106

109 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 21:55:55 ID:Nuku34n8
漏れといってる時点で漏れと同じレベルの人かと思ってまつた

110 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:00:05 ID:1y3Z/ljv
過去、素晴らしいストラドやデルジェスといわれた中に、
ヴィヨームのレプリカがどのくらいあったことか。

結局、ヴィヨームのレプリカ賛美に終始する人なんですね。


111 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:09:55 ID:1y3Z/ljv
 文章に品格がないし、

噴飯ものというのも私が以前煽って使用した言葉でしょう。
もっとビヨームを語ってくださいよ。

質問。文藝春秋でビヨームにかんするコラムが書かれたのはいつですか。
   ファニョーラのカルテットをそろえたことがある楽器屋は何件あって
   どこですか。

   わたしより知っているあなたのことを語ってみてください。
   

112 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:18:47 ID:thyvTutY
>>111
あんたとやりあう気はぜんぜんない。
K氏とあんたの比較をしただけだしな。
噴飯ものって言葉、あんたも使ってたんだ。ふーん。
別にヴィヨームじゃなくてもいいんだ。
ファニオラ賛美が片腹痛い、ってことだよ。

113 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:19:00 ID:1y3Z/ljv
過去、素晴らしいストラドやデルジェスといわれた中に、
ヴィヨームのレプリカがどのくらいあったことか。

ところで、いまあなたが感じているところで
このストラドはビヨームだろうと思うのはどなた
の楽器ですか。

 たとえば、ギルハシャムの楽器はどう思われますか。
ビヨーム探しをはじめましょう。

114 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:23:22 ID:thyvTutY
>>106
>コピーものは普通のモダンと変わらない
>
>こんな表現はどこにも有りませんし、
よく彼の本を読んでみな。
ズバリとは書いてないが、はっきりとその趣旨のことが出てる。
「はっきり書いていないことは言っていないことと同じ」と言うのであれば、
それでもいいがね。


115 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:39:02 ID:1y3Z/ljv
コピーものは普通のモダンと変わらない

こう表現している部分を引用してください。

ところで、いまあなたが感じているところで
このストラドはビヨームだろうと思うのはどなた
の楽器ですか。

 一般論でなく、あなたの感じた所で語ってください。
それでなかったら、どこにでもかいてある一般論ですか。

116 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:52:38 ID:QGpsdZvI
わたしのビヨ−ムはマジーニモデルなのであまり価値がないと楽器屋に言われました。
やっぱりデルジェスモデルとかじゃないとダメですか?

117 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 22:57:43 ID:Nuku34n8
あーくん元気?
高嶋ちさ子のはビヨームだよね。

118 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 23:16:23 ID:thyvTutY
>>115
子供じゃあるまいし、自分で探せよ。
それに、誰某のストラドがヴィヨームだと思うだなんて、
何でそんなこと言わなきゃいけないの?意味ない。
それよりファニオラはどこに行った?

あなたの言い方、一見丁寧だけど教養の欠片もないね。
人に考えを聞くときには、質問の必然性なりを説明するべきだろ。


119 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 00:18:03 ID:ewdvOvIs
>105
そう、たしかにファニは腰の強い新作弓で弾くとデルジェス傾向の音を出すのがある。お試しあれ。

120 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 12:33:04 ID:V8YStGuQ
鈴木のプレス楽器にもデルジェス傾向の音を出すのがあるよ。

121 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 13:24:12 ID:lIFyQpFa
あとヤマハのブラビオールもデルジェス傾向の音を出すな。

122 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 14:26:19 ID:CvpHbvNh
じゃデルジェスいらんな

123 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 20:01:43 ID:h7W+injI
いらんね

124 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 20:17:51 ID:NNx7t9OT
じゃあパールマンのソーレをもらってこよう

125 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 21:48:38 ID:h7W+injI
ファニョラのどこがいいんだ?
下品なデリカシーのない音だろが。
俺の嫌いなアルバンベルクSQ1VNのギュンター・ピヒラーのきつーい音をイメージさせる。
きっとファニョラ好きはSM愛好者に違いない。

126 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 23:26:07 ID:h7W+injI
しかし一方で美音でならしたグリュミオーがなぜファニョラなぞ愛したのか、、、
、、俺には解せない、、、

127 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 23:51:32 ID:JgPbyqJ7
客には聞き分けられん

128 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 00:35:40 ID:VtZatyMU
コーガンのデルジェスが彼の死後ヴィヨームと判明したそうだが、、、
本人も知らなかったらしい。
ファニョラは下品な板鳴りの音が多いが、音は強いな。
まあ音量が有るのがモダンの特徴だが、ストラドやデルジェスを研究した上で、
音量を優先したのがモダンの時代名わけだが、
良いプレセンダのようなシルバートーンの様なファニョラには出会ったことが無いな。

129 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 01:13:52 ID:CaNLE/Tu
ハイフェッツは本物のストラドを使う時も、チェコ製の10ドルの量産楽器を使う時も、
同じようにハイフェッツの音だった。

1959年8月発売LSC-2314ライナーノーツより

130 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 01:27:57 ID:m+3g/1bZ
納得〜

バイオリンの演奏を聴いて誰の演奏かは結構わかりますけど
楽器が誰の作かはほとんどわかりませんものね

131 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 01:35:40 ID:CaNLE/Tu
>>130
原文がインターネット上にあった。
ttp://www.1stintunes.com/vpasp/xdesc/29515.htm

Heifetz always sounds like himself, on his 1714 Stradivari,
made in Cremona, or on a ten-dollar factory "Strad," made in Czechoslovakia.

Joseph Wechsberg Vienna, January 1959


132 :130:2007/01/28(日) 11:10:21 ID:Pi0FFuac
ありがとう!重い言葉ですね〜

133 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 14:05:59 ID:cKu04i9O
だから楽器も弓も高度の調整が可能かどうかという点に、つまり調整に余りにも大きく左右される音色ではなく性能そのものに注目する事が大事、なのだそうだ。

弓も楽器も独自の音色を確かに持っているが、そこに注目すると騙される。

134 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 14:23:10 ID:Pi0FFuac
楽器がどうの、調整がどうのと言い過ぎる人は大抵終わってる感じがする。
以前、庄司沙矢香さんがストラドを貸与されたのは光栄だけど
結局どんな楽器でも音楽はできるのです...みたいなことを言っていた。
よく考えてみると、演奏会のチラシに「銘器ストラディバリウスを奏でる」
なんて大々的にうたってたりする演奏家は、概して演奏が???なのが多い気がする。

135 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 15:16:04 ID:CaNLE/Tu
少なくとも高額な楽器を買うなら、自分が信頼する工房の職人に
駒と魂柱の調整をさせてから試奏できないなら絶対に買わない。


136 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 18:29:25 ID:cKu04i9O
銘器である事に固執する必要は無いけど、現実は弘法筆を選ぶ、ですよ。

137 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 18:34:51 ID:CaNLE/Tu
>>136
そうそう、ファニョーラよりヴィヨーム。

138 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 20:54:14 ID:Mr4KUKA9
結局、ファニの強烈な強さに閉口する人はアンチファニとなり、
「パンチが効いてる」と快感を覚える人は信者となって他の銘器では物足りなくなってしまうんだろうな。
ファニョーラの会の方にも是非登場してもらってその辺り語ってほしいね。

139 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 20:57:59 ID:Mr4KUKA9
その点ビョームは万人受けするし聞いてて安心できるね。

140 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 21:06:12 ID:UrXLF8lw
ファニョーラとヴィヨームでは格が違うような気がするのですが・・・
ファニョーラは好きですけど高すぎると思います。
個人的には500万くらいでいいんじゃないかと。。。。
ただ実際には500万くらいで売っているモダンって大したことない楽器ばかりですよね。
あの辺の楽器はみんな200万ぐらいに値下げすればいいのに、と思います。

141 :名無しの笛の踊り:2007/01/28(日) 23:59:42 ID:YYpFQRD4
同感。ファニオラ高すぎ。パンチなんて効いてないヨ。
格で言えば、
ヴィヨーム >> ファニオラ

142 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 11:05:51 ID:0fclP0BW
あのブリキともベニヤ板ともつかない下品な音を、
パンチが効いているなんて表現することもできるわけですね。
本当にものは言い様ですね。

143 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 11:56:40 ID:kVZp5Lgg
所詮自分の楽器はドイツ製の楽器と区別がつかないと信じて
ドイツ製の楽器にサインをして売ってた人ですから。

144 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 19:17:56 ID:9KviR30X
ハイフェッツのex.davidは弟子が弾いてもやはり基本的にはあのハイフェッツサウンドだったそうですが、あのガルネリは良い楽器なのでしょうか?俺には下品な音に思えるのですが・・・・

145 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:12:09 ID:w4TeUgoQ
Ex.Davidというと、Midoriが弾いている楽器?

146 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:21:20 ID:ViwJUNLs
それは、Ex. Huberman

147 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:36:50 ID:4KGMktCG
庄司沙矢香さんがストラドひても良い音しないな、、
もともと音色にこだわらないのかな、、、
板っぽい音がする。
ダイシンがベルクで弾いてたガルネリはすごく良い音してた。
男らしい深い音で、やはりこだわりのある音だった。
庄司さんは声と同じでハスキーな音で、音そのものには魅力が無い。
音楽で勝負したいんだろうな、、
楽器以前に演奏者の持って生まれた音があるんだな。


148 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:51:34 ID:WUlXMoPN
ファニオラは美音から汚い下品な音まで出るから好きなんですが・・
美音が出せないのは弾き手のせいでないかと・・
きれいな音だけ出る楽器はすぐ飽きるし・・

149 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 21:30:53 ID:4KGMktCG
>>148
どんな楽器だって、美音から汚い音まで出るよ、、、笑い。
すべて弾き手にしだいさ。
ファニオラだけなわけないだろうが、、、

150 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 22:58:24 ID:DU4meLWy
ファニオラってそんなに弾き手を選ぶ楽器なんですか。
その割には一流どころのバイオリニストには見向きもされず可哀想(涙)


151 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 07:31:46 ID:d9TpH+8w
所詮音なんて好みの問題。
楽器の価値はその知名度と希少性で決まる。


152 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 17:32:16 ID:SmWBaK8x
そんな事いったらファニオラに軍配が上がっちゃうよ。
知名度はこのスレのお陰で上がって、おまけに希少性はビョムの10倍だかんね。

153 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 22:52:52 ID:7rgHVZHw
 しばらく旅行に行っていたので、ファニョーラについて
書くことが出来ませんでした。
 あまり実りのある話がなくて少し残念です。

 この間プレセンダ、ロッカ、ファニョーラ2台、
 ガリンベルティ2台、スカラボット、その他
 2台目の楽器を探しておりました。

 結局ピントくる楽器はなく購入にはいたりませんでした。
 ファニョーラもいのもあれば、そうでないのもありますね。
 いい楽器に多く触れて、自分の美意識をしっかり涵養しないと
 ファニョラもスズキも同じです。
 

154 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 23:21:04 ID:3GSR/Q7L
いい楽器に多く触れて、自分の美意識をしっかり涵養すると
ファニョラもスズキも同じだということがわかります。

なら納得できるんですが、、


155 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 23:29:07 ID:SmWBaK8x
ファニオラなんでこんな人気なの?毎年300万円ずつ値上がりしてるんですけど

156 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 23:40:44 ID:jRiVBFm8
皆に人気なんじゃないよ。
一人でも高く買うと、それが相場になる怖い世界だからね。
それに、もうそろそろ頭打ちでしょ。
いつまでも線形に価格上昇を続けるわけないから。

それにしても、単なるモダンにあんな高額つけて…
夢から覚めたときが怖いね。

157 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 23:48:48 ID:SmWBaK8x
でも頭打ちと云われて結構年数経ってますよね
このペースだと4年もすると3000万、、さすがにそれはないか、、、
ユロ高終われば収まるかな?

158 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 00:10:57 ID:xGH1gO3T
今やまともなイタリモダンは1000万以上は当たり前。玉数ないんで仕方ない。
プレッセンダも4000万超え出した。
2008年以降は国債償還問題で円安加速して更に高騰する。
将来円はインフレで紙くずに。

159 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 00:39:40 ID:xGH1gO3T
高過ぎとおっしゃるが、それでも絵画に比べたらかわいいもんでしょ。

160 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 09:38:23 ID:zpCI86jb
絵画は3000年以上の歴史があるけれどヴァイオリンは高々500年だからね・・

161 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 15:22:34 ID:zpCI86jb
モナリザ 1507年頃制作。制作期間約4年。
ストラド 1700年頃制作。制作期間約1ヶ月。

ストラドが高いはずがない。

162 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 18:29:23 ID:5fHNFcfw
154、ファニョラも鈴木も同じ?
そんなお前にはピカソもガキの落書きも同じだろ、、、(笑い)、、

163 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 18:47:53 ID:zpCI86jb
ってか鈴木の上位モデルって実際は日本人有名製作者のマスターメードだろ?
ファニョーラはともかくイタリア新作には遜色がないという話だが。

164 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 20:54:54 ID:M2VzRMON
ファニョーラが4年すると3000万になるかどうか分かりませんが、
ファニョーラが今2000万近くすること事態あまり好ましい状況
ではないと思います。
 ファニョーラが牽引車になり良質なモダンが軒並み高騰しています。
ファニョーラが天井を作って、それに続く楽器がつられて高くなっています。
ガリンベルティ、ポッジ、オドンネそれら魅力ある楽器がどれも高くなって
います。(ファニョーラだけでは決してありません。)

 今の状況でしたら、音楽を生業にしようとする音大生等が良質な楽器
をもてなくなります。2000万の楽器を一般の家庭では購入できません。
本当に楽器を持つべき人間に良質な楽器が行き渡らなくなっています。
 じゃあ、音大生もみんな10万円のスズキを持てばよいのでしょうか。
上手に弾けば大方の人間は音の区別がつかないんだから。プロのオケも
薄給だから10万くらいのスズキを持って弾けばそれどお客が満足でき
るような国民にこの国の人達もなればよいのでしょう。

165 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 21:00:25 ID:SNQeCs/a
モダンイタリー高杉(゚听)イラネ

166 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:01:53 ID:867GO7RE
常葉一雄はクソ以下のカスでつな

トーホー除籍のくせに


ラジヲなんかやってやがる



ま、だれも聞いてないが




くそだな

167 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:03:02 ID:XLhSxRKA
モダンイタリーばっかりのオケっていうのもなんか興醒めだよな

168 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:06:42 ID:zpCI86jb
>>164
ウィーンフィルみたいに楽団所有ドイツ製楽器でいいんじゃね?

169 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:32:35 ID:M2VzRMON

 美音でならしたグリュミオーがなぜファニョラなぞ愛したのか

答  良質のファニョーラがモーツアルトを弾くのにもっとも
   適した楽器だから。
 
 ファニョラのどこがいいんだ?
下品なデリカシーのない音だろが。
俺の嫌いなアルバンベルクSQ1VNのギュンター・ピヒラーのきつーい音
をイメージさせる。

 ギュンター・ピヒラーの楽器の鳴り方こそビヨームのなり方です。
ファニョーラは決してあんな鳴り方ではありません。

  
 

170 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:37:55 ID:M2VzRMON
だいたい、ビヨームいう名を借りた1世紀にわたるフランスの製作集団を
一くくりで語るのはそろそろ何とかなりませんか。
(あまりに見識がなさ過ぎませんかね。)
 




171 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:42:36 ID:M2VzRMON
モダンイタリーばっかりのオケ

具体的にどこのオケ?

172 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 23:56:12 ID:zpCI86jb
>>170
そんなことは皆分かった上で話していると思うけど。
同じようなことは他にいくらでもあるし。

173 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 00:02:50 ID:nDfRO9GR
美音でならしたグリュミオーがなぜファニョラなぞ愛したのか

誤答 良質のファニョーラがモーツアルトを弾くのにもっとも適した楽器だから。
正答 名を上げるためにファニオラが贈った。

大体、モダンイタリーが有名どころのオールドに敵うわけないだろ。


174 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 00:10:05 ID:sw3Uyh4Y
いいヴィヨームはストラディヴァリもタジタジの美音です。
ファニオラはおろか、近所そこらのオールド、モダンでは太刀打ちできません。
だからこそ、ストラディヴァリやデルジェスと見まごうばかりの楽器が存在しうるのです。

ちなみにピヒラーの楽器はストラディヴァリで、良く聴くとかなりの美音です。
弾き方のために、きつく聴こえるだけです。
それを聞き取れない人間には、ファニオラという名前だけの楽器がお似合いです。


175 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 00:17:05 ID:Ewieas5g
>>147
いや彼女の音がハスキーになったのはストラドを貸与されてからだと思う
ちなみに安永さんもストラドを貸与されているがストラドを使用したリサイタルに行ったらやっぱり音がかすれてた
昔の安永さんの音じゃなかった
ストラドもピンキリなんじゃないの?

176 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 01:19:37 ID:oMTemb1p
>>175
同感。
音色に限って言えば、パガニーニ優勝直後の方が俺は好き。
いや「抜群に良かった」と言ってもいい。
で、その頃の楽器はガルネリだった筈。

177 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 07:01:27 ID:exDWYgfx
モダンイタリー高騰に備えてモダンフレンチ準備しておきました。

178 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 07:55:27 ID:Ewieas5g
>>176
うん。ピエトロ・ガルネリだったですかね。

179 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:00:10 ID:HxTnLCkR
ピヒラーのストラドはビオーム作といわれてる、でOK?
銘器が一番多いオーケストラはベルリン・フィル、でOK?

180 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 10:13:19 ID:ciW6EljF
>>175
そこまで露骨に(ピリオド奏法でもなく)音が違って聞えるなら
奏法か調整を変えたのでは。ボーイングで驚くほど音は変わる・・

銘器の定義にもよるだろうけれど、ドイツ系が銘器でないなら
ウィーンフィルは最も銘器が少ない部類だろうな。


181 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 20:55:35 ID:32k+blZO
美音でならしたグリュミオーがなぜファニョラなぞ愛したのか

誤答 良質のファニョーラがモーツアルトを弾くのにもっとも適した楽器だから。
正答 名を上げるためにファニオラが贈った。

あまりに面白くって笑えた。
グチュミオーの生年月日を君は知っているの  答 1921年
そして、彼が持っていた楽器はいつ出来たでしょうか。 答 1933年

ファニョーラが13歳の僕ちゃんに自分の楽器を売名行為のために
売ったということ。そんな事を本当に信じているの。
それでなくても当時のファニョーラは世界中の夥しい注文にこまって
いたのにね。
 もう少しまともなことを言って欲しいものだ。

182 :名無しの笛の踊り:2007/02/01(木) 22:11:44 ID:3L59P/1A
>>181
ファニオラ持ち上げるのに必死だね。
>>173は間違ってるとしても、グリュミオーは出来立ての楽器を使ってたの?
もしそうだとしたら、13歳の子供が使ってたんだから、その程度ってことか。
夥しい注文に困ってた?ハァ?
本気でファニオラがモーツァルトに最も適した楽器だと?
あまりに可笑しすぎ。
きみこそもう少しまともなことを言いな。
それに、グリュミオーが愛した楽器って、
どこかの楽器商のHPにあったそのままじゃん。


183 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 08:18:06 ID:OmC9yItn
あまりに注文多すぎたので仕事もいい加減になり1930年代の楽器には品質が劣る物や
ドイツ白木にニスを塗っただけの物もあるので購入時は気を付けてください。
ここでファニ貶してる人はそのような劣悪物を掴まされたのでしょう。。お気の毒。

184 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 08:26:39 ID:T0cvuDqD
>>183
そういうことをした奴の楽器を愛せる心情が理解不能

185 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 08:59:44 ID:OmC9yItn
たしかに職人倫理的には問題ありの人物だね。
突然金持ちになったのも、イギリス旅行中に自身のレプリカ物を真作と偽ってさばき大金せしめたと言われてるし。
今でもプレセンダやロッカの真作とされてる中にファニ作物が混ざってるのでしょうね。

186 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 09:16:18 ID:T0cvuDqD
デルジェスも人を殺したとも言われているけどね。
それから比べれば可愛いものか。

187 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 19:17:52 ID:jR6rEFCi
13歳の子供が使ってたんだから、その程度ってことか。

あなたはどこまでもおりこうさんですね。
グリュミオーがファニョーラを求めたのは
演奏家として独立してからです。ファニョーラから直接求めた
ものではありません。

それこそ日本の業者の軽薄短小な宣伝に振り回されていますね。
もっと勉強して下さいね。





188 :名無しの笛の踊り:2007/02/02(金) 19:39:06 ID:jR6rEFCi
 良質なファニョーラは標準的なストラドの鳴り方ではありません。
むしろ、ピエトロガルネリのミディアムハイアーチの鳴りかたに
近いものがあります。

 ほんとに優秀な製作者は、アーチとグラジュエションに対する感覚が
逝っています。

189 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 07:14:04 ID:0ttHHr0s
モダンフレンチも高騰するんでしょうか?

190 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 08:25:06 ID:XvlbNn2c
しないんじゃないですか
所詮日本人はイタリアかぶれなだけですから

191 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 08:54:54 ID:UZ6+pE8G
>>175
彼女の持って生まれた音だよ。
ストラド弾く前から聞いてるよ、、、

192 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 10:07:13 ID:uq0if09Y
イタリアかぶれって日本人だけですか?
だったらイタリア物も海外なら安く買えるかな?

193 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 19:42:58 ID:Xz9foGGw
>>192

わろす。どこまでもイタリアかぶれだな!!w

194 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 20:34:38 ID:0ttHHr0s
イギリス楽器ってどうですか?

195 :名無しの笛の踊り:2007/02/03(土) 23:41:58 ID:GnYy6iXv
イギリスの楽器とイタリアの楽器を見分けられない人は
専門家の中にも楽器商の中にもたくさん存在します。
例えば Voller のイタリアものコピーの多くはイタリアのオリジナルとして流通してるし、
William Hudson のイタリアものコピーも大抵の専門家を欺けるような出来できだということだ。


196 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 08:50:39 ID:bgSEuqZg
なるほど、私のよう金欠プレイヤーにはもってこいね!

197 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 18:51:15 ID:KRvQaBR0
イギリスはイタリアンオールドの修理でノウハウが凄いからね。


198 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 22:56:34 ID:JNDo4XH9
>>181
>グチュミオーの生年月日を君は知っているの  答 1921年
>そして、彼が持っていた楽器はいつ出来たでしょうか。 答 1933年
>
>ファニョーラが13歳の僕ちゃんに自分の楽器を売名行為のために
>売ったということ。そんな事を本当に信じているの。

>>187
>グリュミオーがファニョーラを求めたのは
>演奏家として独立してからです。

前者は文脈から13歳のときに入手。
後者は演奏家として独立してから入手。
ハァ?どちらがホントよ?
同一人物ならバカ。違う人間なら文章読解力ゼロ。
ファニオラ厨ってこの程度の人間なのか…

199 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 00:53:16 ID:j+UC3Ove
勿論その程度の人間ですよ!
当り前でしょ?

200 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 07:23:17 ID:Qy8A7r5V
198って本物の馬鹿?

201 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 16:17:27 ID:Ai7FZvpC
銘器なんてこんなものさ。

1929年にグァルネリウス・デル・ジェスを買った。それはあまりいい
ヴァイオリンではなかった。音がうるさく、剥き出しの音で洗練されて
なく、さらに悪いことにおよそ品の悪いチョコレート色のニスが塗って
あった。その後、1710年製のストラディヴァリウスを手に入れた。これ
は悪くなかったが、少し音が粗かった。

ミルスタイン回想録より

202 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 06:58:52 ID:Z3StFGDY
だから楽器の価値は音ではないの。
以前「農婦」という古い小さな絵が当初数百万円だったのが
ゴッホの真作と分かると6000万円に跳ね上がったよね。
美術骨董品で大切なのは誰の真作かということ。

203 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 09:45:47 ID:k/vviHjx
そもそもミルスタインもどうして気に入らない楽器なんか買ったんだ?
貸与されてたんじゃないの?

204 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 11:06:33 ID:q7AViOi2
>>203
ミルスタインの時代にはまだ銘器は安かったから有名ソリストほどの人なら
気軽に買えたんだよ。物価の違いがあるが、最も高いストラドが1960年代で
は1000万くらいだっと思う。


205 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 20:05:51 ID:TASV5Mvl
銘器なんてこんなものさ

確かにそうなのだが
今の楽器を売って、自分の満足できる安い楽器に
出会えると思えない。

安くって満足できる楽器があるのなら、ファニョーラを
売って安い楽器を使っても一向に構わない。

しかし、ここ5年いろいろ探しているが満足いく楽器は
ない。やはり、楽器は値段に見合ったものだと思う。

楽器はランクダウンするのは難しい。
チープでよい音のする音に越したことはない。

それが出来ない(手放せない)から名器は名器なのかもしれない。
女房は売れてもファニョーラは売れない。

 

206 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 21:04:40 ID:k/vviHjx
たしかにいまどき一千万以下で良い楽器はないね。
いいコンテンポラリ買って数十年かけて育てるしかない。
安くて良い楽器はとっくの昔にラベル張替え銘器扱いされてんだろし。

207 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 22:04:35 ID:4ZNDDXdN
音色重視で行けば、新作でも5年ほど鍛えれば相当なところまで行くでしょ。

どの楽器でもいちばん美味しい音がでるヘソみたいなところがあるから、
そこを中心に出来るだけ鳴らすようにしないと、そういう事が当たり前のように出来ないと駄目だけど、まあ、そういう事が当たり前に出来ないと、
結局は良い音出せないし、良い音出せないとつまんなくなってやめちゃうから、
お金なければそれしかないでしょう。

お金なければといっても、相場からいって、最低100万は必要だけどね。
中国製でそういうのがあったら相場的に30万。
この価格帯だと、いつまでも飽きない音色が1個出る楽器が手に入る可能性がある。
ただし、最初の内は相当弓の技術がないと出ない音色が1個という事。
それを5、6年鍛えてオートマチックに出るようにする。
2個だと値段が3倍か4倍になっちゃうなぁ。


鳴らすと自分の身体が浮いちゃうような錯覚にとらわれる楽器は今の相場では
1200万位にどうしてもなってしまう・・・

208 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 22:45:52 ID:k/vviHjx
今レコード見てたら、ルイス・カウフマンってファニョーラ弾きだったんだね。

209 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 22:50:03 ID:k/vviHjx
彼はビヨームも持ってたらしいね。

210 :名無しの笛の踊り:2007/02/06(火) 23:10:05 ID:q7AViOi2
で、ミルスタインは「メシア」を実際に弾いた上で絶賛してるんだよね。
あれ本物だったのか。


211 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 00:04:22 ID:wFeAA0Bh
>>210
そんなのわかんないよう。

アシュモリー博物館に行ったときにガラスケース越しに見てみたら、キレイな新作に見えたよ。
ガラスケースの横には、表板から標本を採って炭素の同位体か何かで年代計測したらストラドの時代以前に伐採された木だった、
とかなんとか、いろいろウンチクを書いたチラシが置いてあった。
あのチラシどうしたかな・・・・捨てちゃったかも知れない。orz
あと、オリジナルのバスバーとかも展示してあったと思う。

あそこの博物館は事前に連絡を取って日程をアレンジすれば、実物を手にとって見させてくれるらしい、
というウワサも聞いたけど、本当かなあ。
誰かやってみて弾いて来てよ。

212 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 01:26:58 ID:mlc1/dYV
私はそこで”メサイア”と呼ばれる、驚くほど素晴らしいストラディヴァリウスを
弾いたことがあるが、それは本当に忘れられない経験であった。

ミルスタイン回想録より


メシアが本物でオリジナルの状態だとすると、やっぱりストラドのニスは・・

213 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 07:21:01 ID:gUwuyi18
バイオリンは音なんかより見ための人気の方が値段に反映されるって本当?
ファニオラの赤いニスはエキゾチックといわれて人気で高くなってると知人が教えてくれたけど。

214 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 08:40:03 ID:F4qqZUfI
オレはあの赤っぽい楽器はなんか安っぽくて嫌だ

215 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 19:58:12 ID:Yv36TNX2
赤いニスというのは少し説明不足でしょう。

基本的には、ゴールデンベース(地色)に少しピンクがかった赤い
固めのニスがのっています。
ニスは硬いので、オリジナルのニスのままではひび割れてしまっています。
それを防ぐために薄い透明なニスが塗ってある楽器が多いようです。
特にアメリカ経由で入ってきたファニョーラの多くは透明ニスが塗って
あります。
 ちなみにストラドなどのクレモナの楽器のニスの大半はゴールデン
ベースの赤(安っぽい?)です。
 

216 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 20:01:33 ID:Yv36TNX2
ルイス・カウフマンの楽器は数年前にタリシオの
オークションに出ていました。
今、日本にあるのでないですか。


217 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 20:16:35 ID:Yv36TNX2
いいコンテンポラリ

ほんとにいいコンテンポラリーは僕たち一般人には
手に入らない。

 いいコンテンポラリーを入手したい。
例えば、ロベルトレガティーとかパトリックロビンとか
サムエルジグムントビッチ、ペーターグレイナーなど
ファニョーラより興味ある作家は現代にも何人もいる。
 しかし、これらの作家の作品はよほどのフロックがないと
私達一般人には入手困難だ。1500万で良質なファニョーラ
を手にいれるより難しい。

218 :名無しの笛の踊り:2007/02/07(水) 22:13:57 ID:pGTjGrwF
そんなことないよ。
予約は可能です。5年以上またなければなりませんが。
500〜600万円準備すればいいでしょう。

219 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 07:09:13 ID:nr67Rs3D
1500万出すといえばすぐ作ってくれるだろ。
向こうも商売だろうし。
現物見て買えないリスクあるけど。

220 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 07:30:11 ID:ymK+VPkh
素人が注文すると2級品を回されるのがオチ

221 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 09:53:49 ID:sbB5iCRc
有名ソリストに使わせれば倍の値段で売れるからな。
楽器もスポーツ用品と同じだよ。

222 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 10:48:55 ID:SVRQ1P3t
マジな話として、今なら数万円の中国製楽器を100個大人買いして
最も出来のよいものを選別し、残りはオークションで売り払ったほうが
「自分の好みの音の当たり楽器」が買えそうな気がする。

223 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 20:16:06 ID:LMdHGjhb
2級品でも購入できたらラッキーですね。

今日本でレガティに予約を入れている人は
5人以上いるでしょう。何人かは数年待っている
状態です。
 業者は10年待っているとぼやいてました。
世界中から注文が来ています。
 有名なソリストも多く注文しているので
いつになるやら。
 それゆえ、彼は予約金を取りません。
年間5本の制作で、気が遠くなります。

224 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 22:24:23 ID:nr67Rs3D
たしかに彼はいい材木を保有してるが所詮はコンテンポラリ。
見た目は古くとも真価が問われるのはこれから。出し惜しみによる希少価値は認めるが。
私なら1500万の鳴るファニョラにする。

225 :名無しの笛の踊り:2007/02/08(木) 22:34:51 ID:nr67Rs3D
>216
カウフマンのファニョラはダニエルSQの1stVN奏者が使用していたと記憶しますが。


226 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 17:02:49 ID:v35CK870
ウイーンフィルは銘器の割合規定があるって本当?

227 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 18:03:49 ID:n1kq1Asw
銘器のというより、楽団所有楽器以外の使用を制限しているんじゃないの?
ウィーンの音はウィーンの楽器でこそ出せるという建前で。

実際に先日来日したウィーンフィルの演奏を見たら、真っ黒けのヴァイオリン
があった。あれはいくら音が良くても銘器としては流通しないだろう。

228 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 18:45:55 ID:O1ePrgb2
昔 巨泉のハウマッチでやってて驚いたので覚えてるんだが
ウィーンフィル所有のバヨリン30挺で5000万だと

229 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 18:58:19 ID:n1kq1Asw
一挺あたり167万か。そんなところだろうね。

230 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 19:45:25 ID:3RU9G/Je
カウフマンのファニョラはダニエルSQの1stVN奏者が使用していたと記憶しますが。

そうなんですか。

タリシオのオークションにカウフマンのニックネーム
が付いたファニョーラが出ていたのは確かです。

カウフマンは複数のファニョーラを所有していたのですかね。


231 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 20:51:26 ID:abnEzF8g
最近は中国のニューリッチが子息のために銘器買う例が増えてるらしい。
中国人は日本人以上に見栄っ張りみたいだから、バイオリン高騰は彼らによるとこが大きい希ガス。

232 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 21:40:45 ID:n1kq1Asw
中国ではまだかつての日本のように、「ヴァイオリンは貧しい人の楽器、ピアノが
豊かな人の楽器」という発想が強いと思う。

233 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 23:07:14 ID:3RU9G/Je
中国人の金持ちたちは名器のコレクションを始めています。

ニューコレクターが結構います。
金のあるところに名器はいきます。

ストラドをたくさん持つのはなかなか難しいけれでど
次のランクの楽器をたくさん所有している人は結構
いるようです。

もちろん、ファニョーラなど高価なモダンイタリーも
たいへん人気があるようです。

中国のすぐれたコンテンポラリーもそうしたリッチな
中国人が購入しているのでしょう。
日本に本当に良い中国製のバイオリンは来ているのですか。
もしあればぜひ見てみたいものです。


234 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 23:41:56 ID:n1kq1Asw
中国は世界的ピアニストを輩出しているけれど世界的ヴァイオリニストは
見当たらないね。

235 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 17:11:46 ID:gSNrwc8s
そういえば一時うわさになった銘器ファンドってどうなったの?
ってか本当に存在するのでしょうか?ワイン・ファンドは実在するらしいけど。

236 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 00:54:50 ID:K9toLcMi
投機の対象になればバイオリンも今や立派な美術・芸術品だね

237 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 19:31:27 ID:UDeKtG2e
投機対象になるのはごく限られた名器だけでしょう。

そうした投機を目的に資産家を集めることができる
楽器商は日本にはいないでしょう。

日本の資産家事態が文化レベルが低いから
日本ではファンドは存在しないでしょうね。

弦楽器を投機目的に宣伝するのって、
だめなオールドを売り出した70年代後半に
跋扈したいかがわしい楽器商たちを連想させますね。

そ の人たちのなかで生き残ったのはわずかでしょう。
ここにかきこんでいらしゃる楽器商の方もそうならないように
ねがっています。ア○カのようなことになりませんように。

238 :名無しの笛の踊り:2007/02/11(日) 22:01:33 ID:K9toLcMi
やっぱりこのスレにはプロの方も出入りしてるのですか
いろいろ勉強になります

239 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 00:18:35 ID:vi3tGxlI
最近ファニオラ弾かせてもらいました。音の出方に特徴ありますね。
音は外へ拡散しないで楽器の奥からストレートに出る感じ。デルジェスに似てると思った。

240 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 20:27:06 ID:LSxs8BxD
イタリーモダン買い漁ってるファンドがあるとすれば大儲けしてんだろな。

241 :名無しの笛の踊り:2007/02/12(月) 22:44:30 ID:opMO3Hrl
ファニがデルジェス?笑止w

242 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 07:41:54 ID:TGY7Bo2g
両者とも高めの弓圧が必要という点は共通してるね。
ところで昨夜ユーロが対円で過去最高値つけたね。
あと数ヶ月で165円いくらしい。
ますます高嶺の花になりますなあ。。(溜息)

243 :名無しの笛の踊り:2007/02/13(火) 17:23:51 ID:KEHCOHmw
これから日本は衰退してくんだから銘器も海外へ流出するよ。
先日は台湾人が来日してモダンイタリアン買ってるのを見たよ。即金で。

244 :名無しの笛の踊り:2007/02/14(水) 00:14:49 ID:M/+ccX0m
なんでファニオラはモダンで一番高いのですか?

245 :名無しの笛の踊り:2007/02/14(水) 01:34:26 ID:EKisz5R3
 

246 :名無しの笛の踊り:2007/02/14(水) 22:23:24 ID:4aKjt6jR
答え ファニ信者が仰山増殖中だから

247 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 07:40:01 ID:Zn+6EAB9
ファニョーラって名前といい見掛けといい値段といい出身国といい性能といい
フェラーリとダブるんですけど・・・憧れます・・

248 :名無しの笛の踊り:2007/02/15(木) 09:46:11 ID:LlWW8zZ1
信者の中にはモダンで一番というならまだしも、
プレセンダ、ロッカと同格に語る人がいるが、あれはどうかと思う。

249 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 11:10:40 ID:IMlniyhH
Fagnolaの最近の成長ぶりをみると同格以上ではないでしょうか?
20〜30年後には抜いていてもなんら不思議ではない。

250 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 12:08:09 ID:Hbd3V+jo
>Fagnolaの最近の成長ぶりをみると同格以上ではないでしょうか?

何が成長してるの?
ここ20数年での値上がり率だけでしょ。

251 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 15:06:29 ID:AYXUmX/L
私もファニオラに関しては鳴り出した楽器が増えてきてるという印象です。
まあ70−100年と楽器の真価が問われる年数に来てますからねえ。ここから勝負所ですかね。
成長にともなった値上がり率なのでしょうね。

252 :名無しの笛の踊り:2007/02/16(金) 19:54:33 ID:WD4B4wYi
ここにきてファニョーラもやっと楽器として落ち着いて
きた感があります。

30年くらい前は、いい音は持っているけれどG線なんかが
ボアボアした感じでなかなかフォーカスが絞れない楽器が
多かったです。
 やっと音も締まってきて良い楽器になってきました。
ちなみにJBガダニーニなんかも前世紀から今世紀初頭まで
評価は驚くほど低かったのです。テストーレなんかより
ずーとチープでした。経年変化で言うと、もうしばらくすると
30年前のヨーゼフロッカの世界になってきます。

 

253 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 01:14:06 ID:7urY/lak
それでもファニは鈍器です。←長年所有した上での実感。。。

254 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 08:13:48 ID:oo8w4MO3
あんたのはきっとファニがニスを塗っただけの鈍器だったのね。手放して正解よ
今は何持ってるの?

255 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 15:48:49 ID:iXFVlF32
ファニ厨の理論
○「ファニは良い音」とのコメントに対して:
 「やっぱりファニは良いでしょう」と言う。
○「ファニはよくない」とのコメントに対して:
 「そりゃニセモノかファニがニスを塗っただけだよ」と言う。

ところで、疑似科学って知ってるかい?
簡単に言えば反証できない(似非)理論のことなんだけどね。
一番代表的なものが宗教だね。それとまったく同じだよ。


256 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 19:00:11 ID:/alo5Zx1
 真正のファニョーラの素晴らしい点

ヘッドの彫りが素晴らしい。
(遊びと個性という点では他のモダンの追随を許さない。)
ニスは彼の作品以上に魅力的な楽器はない。
(あったら言ってみな。)
 材質は良いやつとそうでないやつがあるが
トータルして上質な木材を使用している。
 (ガリンベルティの一枚板にすごく魅力的な板がある。)
 グラジュエションのつけ方はほんとに奇跡的だ。
それ故、顔がよい。

 音を言ったら抽象的だし、スズキも良い音が出るという
話になるのでやめるが、トリノのねちゃっこいゴージャスな
音を持っている楽器が多い。時に良い楽器は低音が行っている。

 それを体験できてない人は、ファニョーラはいつまでたっても
分りはしない。 


257 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 19:48:06 ID:rz46gtmL
今256がいいこと言った!

258 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 20:01:01 ID:puY2SOH7
ほんとほんと!
スクロールとニスがよければ素晴らしいヴァイオリン!

259 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 20:31:27 ID:8mC3NtQj
ファニョーラのスクロールはキライじゃないです。
ちょっと独特だけど私はキレイだと思いますよ。
音もオールドのようなふくよかさはないけれどいいと思います。
でも高杉。。。。。。。orz
200万くらいだったら迷わず買うんですけどね・・・・・・

260 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 21:37:29 ID:S+6Q6yJu
私がかつて所有していた1919年オリジナルのファニも
外観は素晴らしいものでしたが紛れもない鈍器でしたので
2000で売払ってゴフに買換えました。
大満足です!!

261 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 21:51:05 ID:rz46gtmL
やすくんのうそつき!!

262 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 22:08:06 ID:JaZZB1QI
>>260

いや、おそらくドンキーじゃなくて適切な弓使ってちゃんとした右手を持ってれば良いだけだったと思うぞ。俺が弾いて来たファニョーラは殆どそんな感じだった。手前の未熟さを棚に上げてドンキーはないだろ。

263 :名無しの笛の踊り:2007/02/17(土) 22:57:43 ID:S+6Q6yJu
確かにまだまだ未熟者ではありますが
ソリストとして楽壇で26年程生活してますので
とにかくファニは所詮はモダンですよね?
さすがの鈍器もゴフを超えるものではありません。
もうひとつの愛器であるストラド(無名ですがヴィオームではありません)は
中ではB級といえるものですけど
やはり他の名器とは比べ物になりませんね。

私にとってはファニは鈍器です。

264 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 08:20:37 ID:WmhoZEOg
なんだ未熟者のたわ言か

265 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 09:22:41 ID:MftQx05r
ホントに右手が悪けりゃゴフだろうと何だろうと鳴らんだろ。
同じ人が弾き比べて良くないと感じたんなら良くなかったんじゃね?
別にファニが悪い楽器とは思わんけど、厨がそこまで執着するほど
いい楽器とも思わん。
そもそもホントの銘器ならここまで致命的に意見が割れんだろ。
俺は「一部にカルト的な人気を誇る個性のある楽器」てイメージだな。
支持者たちはその個性に惹かれてはいるけど、その個性イコール即
銘器という訳ではないだろ。
何にしても否定派に食ってかかる厨の姿勢はちょっと異常だぞ。


266 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 09:46:17 ID:WmhoZEOg
それでもちさ子を「楽壇のソリスト」とは認めたくないな

267 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 09:51:53 ID:hukcsiUQ
ちさ子(゚听)イラネ

268 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 11:25:04 ID:T8Hh44oi
>>266

しかし、だ。「愕然のソリスト」であることは否定できまい。

269 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 11:36:44 ID:WmhoZEOg
うん、そだね。彼女はオレの顎をはずした唯一のソリストだ。
しかしアマテーより安いストラドってどうかと思う。
さすがにファニより高いんだろうが・・

270 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 11:39:23 ID:w7d6PzqQ
ストラドの「真作」でもほとんど本人の手が入ってないのも
結構ありそうだからな。

271 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 16:28:50 ID:HHqKNbUV
>>265
完全同意!!!!!

272 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 19:16:04 ID:udqFtf2U
≫265

今までに納得できるアンチファニョーラの意見は
一度たりとも聞いたことがない。

感情的な中傷はたびたび聞いたが、ファニョーラの
ここがこうだから、という納得できる不満は聞いたことがない。
高すぎるというのは前にも言ったがその通りだと思うが、
貧乏になっていく日本には次第に縁がなくなっていく
楽器なのだ。(ユーロやポンドが高すぎる)

「一部にカルト的な人気を誇る個性のある楽器」
これはある意味正しい。
 
 良い楽器になんらかの縁がある人間がはまっているのだろう。
それは、ポッジでもビジャッキでもスカランペラーでも同じ。

これだけ価格が上がってヨーロッパでも中国でもほしがっている
人間が増殖しているから、まともなファニョーラは日本の楽器商
では扱えなくなる。



273 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 20:00:12 ID:T8Hh44oi
貧乏になっていく日本。確かにそうだ。今の好景気も一部の国内エリートと海外の大多数のエリートだけが経験しているもの。国内はこれからひたすら疲弊していく運命。

274 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 20:33:46 ID:HHqKNbUV
それでもファニは鈍器です。。

275 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 21:12:56 ID:wA4AjZop
名工と謳われた人でも何挺かのうち1挺は凡庸だし、平均的な中国人職工の
手になる量産楽器でも十数個のうち一つは当たりがある。
それが面白いところだ。

276 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 21:51:23 ID:WmhoZEOg
しかしファニ信者って強烈ですね。同好会まで作ってるんだから。
いくら値上がりしようが構わず買い続けるその姿はまさにカルトの名に相応しいわ。

277 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 07:12:31 ID:0+fIreaL
ファニオラには人を狂わす何かがあるのでしょう。

278 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 09:52:53 ID:Sy2NMSFg
>>277
やっぱり宗教だね。

279 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 06:45:35 ID:eru/nKmJ
fagnola所有している方々に質問です。
弓は何を使用していますか?
愛用の弦も教えてください。

280 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 20:39:58 ID:l2cEROHs
使用している弦は

 E  オイドクサー(以前はオリーブも使っていた)
 A  ドミナント(紆余曲折したが、今は定番)
 D  オリーブのシルバー or エバピラッチ
 G  エバピラッチ(以前はオリーブを使用していた。)
    ドミナントを試すこともある。

 D線にオリーブを使うと微妙にアンバランスだけれど音色と
 倍音の出方は申し分ない。

弓  19世紀の無名のフランス弓?で,材質は申し分ない。
   トゥルテの初期のスワンヘッドのモデルで,イギリス
   のドット系の弓かもしれない。
   
   日本の業者にいろいろ尋ねたが,わからなかった。
   (イギリスの19世紀中盤のトゥルテモデルという
    意見が多いが皆さん確信が持てないようだ。)

 4月にラファンが日本に来るからそろそろ結論を出そうとも
 思っている。

281 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 21:20:30 ID:6kwdRQjr
インフィールド赤はどうでしょうか?
やっぱり弓はオールドの方がいいですか?

282 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 21:26:13 ID:q7m9gK9z
へぇ、ファニョーラってOlivのSilverDなんてうるさい弦が合うんだ。


283 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 22:23:08 ID:l2cEROHs
ファニョーラってOlivのSilverDなんてうるさい弦

へー

 うるさい弦だと一度も思ったことはありません。
 とても良い音色を持った弦で、音色のリハビリに
 使えます。

284 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 22:34:16 ID:l2cEROHs
インフィールド赤は使ったことがないのでわかりません。

基本形はオリーブの延長でピラッチに変えたのですが、
ピラッチのA線が納得できず、また、オリーブのD線の
シルバーが捨てがたく、今の使用弦に落ち着いている訳
です。はっきり言って、すべてドミナントでもそこそこ
良いような気もします。

 まあ、オリーブ系(ピラッチを含め)かドミナント系
の選択のどちらかといった具合でしょう。

 弓に関して言えば、オールドのとりわけ19世紀のもの
出ないと、満足できないです。いろいろ弓は試しましたが、
19世紀と20世紀の間には大きな溝があるようです。
ファニョーラで弾くとよくわかります。
 

285 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 22:51:54 ID:kMwe3isv
そりゃそうでしょう。
いい楽器にSilverDをつけるとうるさすぎる。
D線が鳴らない楽器にSliverDをつけるんですよ。

286 :名無しの笛の踊り:2007/02/20(火) 23:50:26 ID:fOAxnEk/
だからファニは鈍器なのです。

287 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 00:09:39 ID:HqsvtILL
ところで今日本に真作のファニオラって何挺くらいあるのでしょうか?
詳しい方お願いします。

288 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 19:45:52 ID:iuBUSrTV
 いい楽器にSilverDをつけるとうるさすぎる。
D線が鳴らない楽器にSliverDをつけるんですよ

へえ、そうなんですか。

シルバーのD線は音色と倍音で選んだのですが、
ファニョーラの特徴的なD線の音色を求めると
そうなったのです。

音量的にはエバのD線と考えていたのですが、
そうではないのですね。
(ところで、エバのDとオリーブのシルバーはどちらが
音量があるのですか。)

多くのファニョーラは他のモダンに比べDはかなり
ハイレベルの音量と音色がありますよ。

それがお分かりになっていないのですか。
なんか、もっと有意義なことをお教えください。

289 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 19:53:29 ID:iuBUSrTV
ところで今日本に真作のファニオラって何挺くらいあるのでしょうか

詳しくはありませんが、40挺前後でしょう。

そんなふうな楽器(専門家が見れば違うとわかる楽器)は
やはり40挺はあるでしょう。

そして見るからに違う楽器は100挺以上はあるの
でないでしょうか。

290 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 20:05:26 ID:iuBUSrTV
いい楽器にSilverDをつけるとうるさすぎる。
D線が鳴らない楽器にSliverDをつけるんですよ

ところで、あなたはどんな楽器を使用されて、どういう
弦を使用されているのですか。

楽器と弦の関係を議論するにはそこら辺から話を始めましょうや。
弦に関する遍歴は有意義な議論に発展する可能性がありますし、
下らん中傷は面白いことは何もありませんよ。

私の世代(40代)はベースにオリーブがあるんです。
そこから遍歴を重ねています。
それが理解できないのは、かなりお若い人でしょうか。



291 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 21:35:32 ID:T9woqtKD
それでもファニは鈍器です。

292 :名無しの笛の踊り:2007/02/21(水) 22:22:40 ID:dzXmd+hw
俺もオリーブ使ってるけど、銀のD線は位置付けがよくわからんな。
普通のD線より安くて音量が大きい。ちょっと雑な音がする。ご存知の
通りオリーブA線は意外とテンションが強くて音量も大きい。ガットが
細くてその分金属を巻いているから当然なんだが。
ピラストロとしては普通の楽器には普通のD線が最もバランスが
いいと考えているわけだ。

293 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 20:17:07 ID:ajy8Z2rX
40挺とはファニオラの製作数の約10分の1だね。
多いというべきか少ないというべきか

294 :名無しの笛の踊り:2007/02/22(木) 22:16:50 ID:hRPTaycv
ファニョーラの分布

ヨーロッパ 150
アメリカ  100
日本     40
他の東アジア 30
オセアニア  15
その他    80

こんな感じではないですか。

295 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 09:33:41 ID:WhPx09zs
いまどきガットかよ。
安定遅いし寿命短いし高いし、やめたほうがいいよ。
ナイロンにせい。

296 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 13:41:17 ID:MLcfcxZQ
ここのアンチって実はファニ・ファンじゃないかな?
貯金ためて買おうとしてたら、みるみる値上がりして手が出なくなったとか。
あの時ローン組んで買っておけばと後悔してるような方でないかと・・・
であれば感情的になるのも仕方ないと思うよ。

297 :名無しの笛の踊り:2007/02/23(金) 13:51:50 ID:jph5/rKf
おいおい。
もし高いファニョーラと安いポッジのどっちかを持っていけといわれたら
迷わずポッジ持っていきます。

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)