5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ベートーヴェンが聾だったって本当ですか?

1 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 10:35:34 ID:Bh55pGwr
耳聞こえないやつがあんな音楽作れるわけないだろ。。。常識的に考えて

2 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 10:48:05 ID:dqcCRkPQ
だからあの男には常識が通用しないって先月から言ってるじゃないですか2げとーー

3 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 10:48:50 ID:bjNxcCfJ
わずかに聞こえていたらしいよ。
スメタナはモルダウを作った頃には完全に聞こえなくなっていた。

4 :終了:2006/12/17(日) 10:49:52 ID:YdBvFKF/
終了

5 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 11:09:58 ID:EdOYfzla
ぇ→ッ!!ホ冫├? ホ冫├? 
UωU〃られTょ→レヽ!

6 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 11:35:23 ID:IiKO+JnJ
お前らだって耳から音楽聴かなくても脳内再生可能だろ。音が聴こえ
ない(後天性の聴力障害)っていうことは実はあまり作曲の障害には
ならないんだよ。

という感じの話をプレヴィン先生がDVD「交響曲のお話:ベートーヴェン」の
回でしていました。

7 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 17:13:32 ID:ylhDk3QS
>>1
以下の本をご参照下さい。

  江時 久(えとき ひさし) 1999;
  「本当は聞こえていたベートーヴェンの耳」
  NTT出版 \1900-


8 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 17:41:35 ID:yV2IM/LH
完全に聞こえてないわけでは勿論無かった
難聴だったのは間違いないけど
ゴッホが切ったのは耳たぶだけで、耳全体じゃないし、
偉人の逸話が後年、大袈裟になるのは世の常

9 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 18:45:31 ID:bjNxcCfJ
だからスメタナは本当に聞こえてなかったんだよ。
多くの証言がある。


10 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 19:34:42 ID:HT0uTCTh
フォーレも晩年は聞こえてなくて
それでもパリ音楽院の職と
有名新聞の演奏会評の執筆を
続けようとして晩節を汚したと言われている。

11 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 19:37:23 ID:AKV3AmKy
そうは言っても
大フーガのまとまりの無さとか第9のハチャメチャ具合とか聴くと本人が
聞こえると言い張ってるだけで本当は全然聞こえてないんじゃないのか?
と思う今日この頃。

12 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 22:43:15 ID:EcbJOvXA
ベートーベンは 耳硬化症という病気だったらしいです。
欧米人に多く、音を伝達する耳の骨が固まってしまう病気。今は手術すればある程度治る。

13 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 01:04:02 ID:4DZyssRo
>>11
音の組み合わせやバランスが変ならともかく、曲の構成は耳とは無関係だよ。

14 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 11:40:45 ID:wk0NXEnN
>>13

15 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 15:32:40 ID:sOvKjSjd
だから難聴程度だって言ってるのに
それでも音楽を生業とする者には充分重荷だった筈だけど

16 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 15:51:23 ID:HV+NCxIl
それでも晩年はほとんど聞こえてなかった筈。
エピソードとしては、最後のコンサートでもう指揮が振れない程耳が悪く、指揮者にテンポだけ指示をして横に立ってたという話を聞いた事がある。
観客は熱狂してたが、ベトはそれが分からずコンサートが失敗したと思って演奏が終わってもずっと客席を振り返れずにいた。
それに見兼ねたアルトの人が手を取って一緒に振り返ったそうだ。

・・・・カワイソス

17 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 15:52:39 ID:jTCdNNq0
>>11
ピアノソナタのハンマークラヴィーアなんかも全然聞こえてない感じ。
頭の中だけで作りました、という雰囲気がプンプンする曲。

>>13
第九はオーケストレーションもバランスが変なところが多いよ。
アンバランスを狙ったかもしれないけど、音にして確認する作業をしてないかもよ。
交響曲第8番がすごくバランスが取れているので(バランスを取るのが目的の曲?)
この頃は聞こえていたのではないかと思われる。

18 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 05:08:32 ID:vmk4wPgH
>>16
その話は実際にあったことなのか?
それともなかったことも感動的な伝記として
書き立てる伝記作家の創作だったのか?

創作が一人歩きしていないかどうか、
改めて検証するいことが必要かも知れない。


19 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 08:31:36 ID:iFBUZtmo
イエスが後付けで神格化されたのと同じ
難聴程度だって
ベートーヴェン好きだから音楽の凄さ以外の変な部分で神格化されるのイヤだから

20 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 01:18:13 ID:FOqIOn8a
現在、耳にしているのは、ワーグナーなど後世の音楽家が作りなおしたものらしい。
コピー機の無い時代、写譜の段階で、勝手に修正が施されていたりもするらしい。
オリジナルは、所詮○○○が作曲した曲らしい。

と昔、音楽評論家が語っていたのを聞いた。

21 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 01:36:36 ID:FIF8WJYN
>>17
>第九はオーケストレーションもバランスが変なところが多いよ。

どこ? 楽章と小節番号は?

22 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 20:32:09 ID:1I5Es54v
>>21
第四楽章なんかもう全体的にバランス悪い。
ソプラノにあんな高音歌わせる時点で脳内オンリーで作曲したのは確定。

そういえば合唱幻想曲という駄作もあった。ピアノ入れてる意味わからなさすぎ。

23 :名無しの笛の踊り:2006/12/28(木) 04:42:05 ID:PaafGXso
なんだい、第1,2,3楽章のことじゃなかったのか。
声が入ると、バランスがわるくなるよ。どれを聴いても、なんだか声を強調しすぎの録音が多くて。なんとかならんかな。



24 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 23:51:10 ID:++e/Fm7m
>>1の逮捕、まだー?

25 :名無しの笛の踊り:2007/01/03(水) 11:02:11 ID:/KI7d4aP
>>23
そういうあなたにヘレヴェッヘ。
一般にカントル出身の指揮者は合唱と器楽のバランスのとり方がうまい。

26 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 08:56:15 ID:jGKp8pmU
ベートーヴェンの耳の話、いまでも謎なのだ。

27 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 09:04:28 ID:oeHI3+fo
4楽章は後付けで作られて評判悪かったって話だからな。
元々は3楽章までの曲>第九

28 :名無しの笛の踊り:2007/01/04(木) 11:15:27 ID:MCxZDrGg
耳が聞こえなくても作曲はできるでしょ。指揮・演奏は無理としても。

指揮が無茶苦茶になって弟子が
「ここで止めてください。わけは後で。」と楽屋に促したあと
真相を知ってずっと頭を抱えてたっていう逸話もあるね。

29 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 03:31:04 ID:YzSpOuDh
>>27
そういうあなたには
つルードルフ・レティ「名曲の旋律学」、金子健志「ベートーヴェンの〈第九〉」
目から4・5枚ウロコが落ちる

30 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 11:04:35 ID:/q6Zw26a
>>24
なんで逮捕?

31 :名無しの笛の踊り:2007/01/20(土) 11:40:10 ID:0uSTaBkt
実際に聞こえてたかどうかの問題は別として
>>1みたいな考えの奴がけっこういるのが驚き。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)