5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クラ板住人があえて【本】と【映画】を語る!

1 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 15:32:12 ID:0SYNWrzt
クラオタはクラシックについては熱く語れるが、話題が本や映画になると黙ってしまわないか?

さあ熱く語ってくれ。

2 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 15:35:57 ID:YkHKO1PV
映画は語れねえ。
本は多少語れるが以前ドストエフスキー論を熱弁してたらみんな聞いてなかった。
結局ヲタはヲタだ。文学も音楽もこっそりやろうじゃないか同士。

3 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 16:32:55 ID:Ne60+RZR
クラヲタは映画音楽は死ぬほど語れるだろ?

4 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 16:39:52 ID:+YRrmDRj
評論家でもまともに映画や映画音楽を語れるのは、片山氏くれえじゃねえの
あとは揃いも揃って無教養でしょう

5 :名無しの笛の踊り:2006/12/07(木) 16:51:11 ID:EzJh0vAF
上田敏や姉崎正治に代表される
『帝国文学』の寄稿者たちのような
教養豊かなクラヲタはもはやいないんだろうね。
それだけ音楽が浸透したということだろうけれど。

とりあえずマックス・ミュラーの『人生の夕べに』は名著

6 :名無しの笛の踊り:2006/12/08(金) 10:35:17 ID:9XcX5znu
本と映画は良くて何故絵画と建築が駄目なのか

7 :名無しの笛の踊り:2006/12/08(金) 23:43:24 ID:MiDFBkWb
絵画と建築の話なんかしてみろ
女はドン引きだぞw

8 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 00:01:39 ID:nRuKpB3U
そうでもないぞ

9 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 00:03:48 ID:Iv1KlBR7
クラヲタが映画音楽について語る、となると当然映画で使われた
クラ曲のことになっちゃうだろ?
駄目だ。映画で使われるのって端切ればっかじゃん。
クラヲタだと頭の中で自動的に全曲再生するまで止まらない。
その間映画なんて観てないに等しくなる。
本でも同じだ。
音楽史の本を読んだ時、そういう状態になってちっとも読み進められずにまいったよ。

10 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 00:11:47 ID:rJnqH3sK
そんなことないだろ
身近では本や映画好きな奴多かったけどねぇ・・・
どちらもそれほど詳しい訳ではないけれど
本ならカミュ 映画はラッセハルストレム が好きか

>>9
映画で使われたクラの端切れにはやっぱり幻滅してしまう
それは仕方ないんじゃないかね?
ただ「マルコビッチの穴」の弦チェレ踊りには感動した
曲はもちろん一部になっちゃってるけどあの振り付けはすごい

映画音楽そのものでいいなと思えるものも時々ある
ハリウッド物とか見ると「お前らコルンゴルトに感謝しろよ!」と思うけど

11 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 00:36:39 ID:c49w5J15
ニーノ・ロータとかピアノ作品集のアルバムもあるしな。

12 :9:2006/12/09(土) 04:00:30 ID:Iv1KlBR7
>>10
あー、そう?
もしかしたら俺の場合かなり頭逝っちゃってるのかもしれないな
つい昨夜も「敬愛なるベートーヴェン」の宣伝番組見てて、
第九の第1楽章開始のシーンがあったんだが、そしたら勝手に脳内で
続きが始まっちまって、最後のPrestissimoまで止まらなかったよ
(因みにフルヴェン風じゃなくラトル風に終わったw)

てか、>>1を読み返したら別にクラ映画やクラ本に限定してる訳じゃなく
もっと一般的に映画なり書物なり全般について話題にしろ、という含意がある
ように読めるな、だとしたら>>9の発言は取り消すわ

でもそーすっと今度は範囲が広すぎて何をどう語ればいいんだか

13 :1:2006/12/09(土) 09:34:31 ID:k+tsgxA9
>>12
おっしゃる通りです。クラ板の住人の方々のクラに対する該博な知識にはいつも感心させられます。
わたしはクラと同様、本(小説)や映画も愛好しているので、クラ板ならではの小説談義、映画談義ができたらいいな〜と思いまして。
好きな音楽家と一緒に本や映画の名前を挙げていただけるとうれしいです。

14 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 09:41:05 ID:sc47YO4I
SYRIANAが好きでつ。

15 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 09:56:15 ID:7UTyYPLH
たけしの座頭一の音楽がよかったです。たけしは不満だったらしいが。

16 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 10:17:23 ID:+3jR3xUE
映画といえば、最近の作品でエド・ハリスがベートーヴェンを演ってる
らしいね。

17 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 10:20:09 ID:+3jR3xUE
>>14
あ、すまん。お約束レスを忘れた。

アッー!



18 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 19:17:47 ID:oQj2ZBOU
『生きる』と『天国と地獄』でage
『素晴らしき日曜日』も青臭くて好きだな

19 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 20:47:51 ID:8x5NaDcJ
「敬愛なるベートーヴェン」観た。
オタも一般人も楽しめない。つうか何がしたい訳?という空しさの残る
映画だった。第9でのおねえちゃんのタコ踊りはホント興ざめ。
興ざめは勿論それだけじゃないんだが。
これなら月9「のだめ」のほうが10倍は楽しめる。
私見だが、この映画の製作関係者はクラシック、文学、美術 のどれにも
疎いのでは?という感じがした。そういう分野に興味ある人なら
途中で退席したくなる可能性大な映画。

20 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 21:03:59 ID:LG0/Vwy/
溝口の『噂の女』観てたらドビュッシーのアラベスク一番が流れ始めてびっくりした。
まさか溝口でドビュッシーとは・・・。

21 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 21:04:50 ID:MPjVrcwM
>>19

「敬愛なるベートーヴェン」予告編をTVで見てちょとそそられていたのだが・・・。

クラシック映画というより、クラシックを題材にした映画としては、
ずっと前の作品だが、「ディーバ」というフランス映画が大好き。
以下、好きな作品は、「ルードヴィヒ」「薔薇の名前」「レオン」
などヨーロッパ映画ばかり。ハリウッド製の映画は、いまひとつ。
(子供のころは好きだったけどね)

22 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 21:10:52 ID:tR1/Dk4m
「ニルスのふしぎな冒険」でチャイコの6番3楽章が使われてて驚いた
鳥たちが一斉に飛び立つシーンだけど結構はまってた。

23 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 21:34:13 ID:MtBOPT+C
「敬愛なる」という日本語が変な件について

24 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 22:17:24 ID:MPjVrcwM
親愛なる、かまたは、敬愛する、だよなあ。

25 :名無しの笛の踊り:2006/12/09(土) 23:15:40 ID:Iv1KlBR7
原題が“Copying Beethoven”だからなあ
最初「盗作屋ベートーヴェン」て意味かと思っちまった俺は2ch中毒w
copy→コピイスト→写譜屋、でやっとああそうかとわかった
まあ主人公は写譜屋のねーちゃんの方だし

>>19
映画は未見だけど、予想は付くよ
ベートーヴェンの音楽を真っ向から採り上げようとしたのが敗因だろうな
「不滅の恋」も不満だらけだったし
キューブリックの「時計じかけ」みたいなひねった使い方ならともかく、
まともに扱ったらどんな映像だって負けちまうだろうし、
そもそも映像いらんわってことにならざるを得ない


26 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 00:19:06 ID:XF8u1qDa
>>21
すんごい古典になるがリュリが主人公のエグい映画があったと思う
あれは結構面白かった

27 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 01:37:36 ID:EClnW189
>>26
俺26じゃないけど、それ『王は踊る』(邦題)だね。
DVD持ってる。これも史実とはズレた話の展開にはなってるが、
芸術と狂気というテーマが個人的には好きなので、まあまあ良かった。
最初のほうで少年のルイ14世が宮廷人の前でバレを披露するシーンが最も
好き。
この映画は『カストラート』と同じ監督だったような。

28 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 01:42:34 ID:ymh4a8JW
ゲドで泣いたなんていえない・・・・。歌でだけど。

29 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 01:42:55 ID:XF8u1qDa
>>27
そうかカストラートと同じ人だったか
確かに史実とズレてるけど宮廷と音楽の関係は結構リアルなんじゃないかなと感じた

しかしやっぱ音楽関係の話になってしまうなw

30 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 01:46:44 ID:jqqh6ewU
>>19
「敬愛なる〜」は佳作「太陽と月に背いて」の監督なんだけどね。ディカプリオの唯一の成功作だと思う。
クラシックファンには退屈な映画なのかな?まあ「アマデウス」も史実とかなりズレているらしいしね。

31 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 02:05:26 ID:XF8u1qDa
>>30
>ディカプリオの唯一の成功作

聞き捨てならんな
ギルバート・グレイプがあるだろう

ところでアレクサンドル・ネフスキー見た人はいますか?
内容は完全にプロパだったけど色々と面白かった
コルンゴルトやプロコを聞くと今の映画音楽ってダメだなぁと思う

32 :19=27:2006/12/10(日) 02:21:31 ID:EClnW189
>>29
史実ではフランス宮廷音楽界の大御所であり続けたリュリが、
この映画では、あたかも晩年は王に飽きられ失寵するかのごとき展開
になってるのが気にはなるが…   でも映画としては結構満足してるよ。
クラオタ的にはすべてピリオド楽器でやってくれてるのも良かった。

>>30
監督についてはよく知らないんですが、『敬愛なる〜』は、史実とは乖離
したデタラメな作曲家像を捏造している点や、それだけ創作に走っている
くせに、『アマデウス』のような娯楽作品としても成功していない点が、
最も不満ですね。クラオタにとって退屈というより、クラオタだからこそ
まだ多少の興味を抱くだろうが、一般人ならスルーの映画だろうと思う。

33 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 02:25:23 ID:lE0ySH43
>>31
>コルンゴルトやプロコを聞くと今の映画音楽ってダメだなぁと思う

無茶いうな
小津や黒澤とくらべて今の日本人監督はって言ってるようなもんだぞ

34 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 02:38:00 ID:dkDbAguD
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /            \
/                  ヽ
l:::::::::.                  |
|::::::::::   (●)     (●)   |
|:::::::::::::::::   \||||||||||/     | <君たちのことだから当然『ここに泉あり』は見ているんだろうね?
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    私も密かに参加しているのでよろしく

35 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 16:16:14 ID:EClnW189
『ルートヴィヒ』ってワーグナーのパトロンの狂王とかが出てくる
ヴィスコンティの作品だよね。
ヴィスコンティはどれもテーマ的には好きなんだけど、古過ぎるので
結局ほとんど観てない。こないだBS観てたらヴィスコンティ映画やってて、
19世紀イタリアの貴族社会が舞台なのにやたらブル7が流れてるのが気に
なった。オーストリアの兵隊がシューベルト歌ってるのは分かるんだが。


36 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 18:58:55 ID:5KqZS8yp
山猫の舞台はシチリアだよ

37 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 19:15:14 ID:P1HcZA9w
>>35
まぁヴェニスでマーラーなんだからその辺は・・・

38 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 20:52:44 ID:5KqZS8yp
あれはマンのエッシェンバッハがマーラーをモデルにしてるからでしょ

39 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 21:14:33 ID:WXkZ1SnL
『アブラハム渓谷』って映画でドビュッシーやベートーヴェンやフォーレが使われてた。
ちょっと使い方があざとく感じたけど映画の雰囲気には合ってた。

40 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 21:55:01 ID:L5l9Pe8l
オリヴェイラを見るとは、おめえさしずめインテリだな

41 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 22:21:11 ID:WXkZ1SnL
オリヴェイラをご存知とは、あなたこそさしずめインテリでござんすね

42 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 22:29:34 ID:L5l9Pe8l
今のところ氏ねフィル級のレスはほとんどないねえ
せいぜいフェリーニ、ビスコンティ止まりだろう
氏ねフィルは「映画に使われた第九」だったら意地でも
キューブリックじゃなくてタルコを出すような連中のことだからな
クラヲタと氏ねフィルはあまり両立しないのであろうか?

43 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 23:17:32 ID:WXkZ1SnL
ルノワール、ベルイマン、ブレッソン、ゴダールなんかはよくバッハやモーツァルト使ってますね。
ベルイマンなんて作品のタイトルそのまま『サラバンド』にしちゃってるし。
ゴダールは『ウィークエンド』でモーツァルトの曲に合わせて2回360度パンしてますね。
最近観たシャブロルの『いとこ同士』でもモーツァルトとワーグナーが使われてました。

44 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 23:31:22 ID:L5l9Pe8l
>>43
>ゴダールは『ウィークエンド』でモーツァルトの曲に合わせて2回360度パンしてますね。
あれはワロタが、「万事快調」のぐだぐだドリーを超えるものではなかったね

>最近観たシャブロルの『いとこ同士』でもモーツァルトとワーグナーが使われてました。
K550とトリスタンだっけ
トリスタンを使った映画でいちばん印象にあるのはマルのブラックムーンというむちゃくちゃな作品
ホンダZがかわいい


45 :名無しの笛の踊り:2006/12/10(日) 23:37:04 ID:WXkZ1SnL
>>44
なんかゴダールってマジでやってんのかウケ狙ってやってるのか分からないとこが面白いです。
ルイ・マルの『ブラックムーン』は未見です。
『死刑台のエレベーター』と『地下鉄のザジ』と『さよなら子供たち』しか見てま千円。

46 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 02:55:33 ID:qP4Qv9Ts
「地下鉄のザジ」って観る前はまさかあんな映画だとは思わなかったなw

47 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 04:31:14 ID:c4p5J3W+
クラシックの映画といえば、ストコフスキーなど有名指揮者が出演してるモノクロ映画があったな。
名前忘れたけど。

48 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 08:26:14 ID:QuDK/7hB
オーケストラの少女

49 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 09:52:59 ID:cHtN8OJD
『藪の鶯』age

50 :レバイン:2006/12/11(月) 09:58:10 ID:DBbrc4aK
ファンタジア2000には僕が出ているよ!

51 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 12:50:00 ID:HFOkUE7A
ハイフェッツが出てる「彼らに音楽を」ってのもある
割と良かった

52 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 13:03:13 ID:+p/P4gOS
小説なら
ドストエフスキー、三島由紀夫、ジム・トンプスン、
チャック・パラニューク、カミュ
あと通俗的なのならスティーヴン・キング、P.K.ディック
映画なら
チャップリン、タルコフスキー、ベルイマン、アンゲロプロス、
フェリーニ、ブニュエル、キューブリック、ヴィスコンティ、
トリュフォー、ペキンパー、黒澤明、寺山修司

日本映画は全然観てないからあんまり好きな監督が思い浮かばない。

53 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 18:40:53 ID:c4p5J3W+
クラシックを小説の中で上手に使う作家は村上春樹、石田衣良らがいるな。

衣良はともかく春樹の音楽エッセイは読むべし。

54 :名無しの笛の踊り:2006/12/11(月) 20:32:43 ID:jXkRP/PA
音楽エッセイにろくなものはない

55 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 10:27:07 ID:ovde5ooy
クラシックの素養のある作曲家の音楽はいい。

そういえば今年の大河の音楽もよかった。小六さんだけど。モリコーネよりもいい音楽だった。

56 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 10:48:42 ID:Te9bS6Ok
『ペリクレース』は何でオペラに作曲されてないんだろうか

57 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 10:50:39 ID:Te9bS6Ok
ぺリクレース→ペリクリーズ
アテナイの将軍と勘違いしてどうする…orz

58 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 13:51:49 ID:J05hB+lN
>>55
小六さんでいちばんいいのは奥さん


59 :名無しの笛の踊り:2006/12/12(火) 18:00:46 ID:+jIjp2x9
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000641UQ

↑レオンハルトがバッハ役で主演した映画って見た香具師いる?
アーノンクールも出てるみたいだけど、40年近く前の映画だから、
多分笑っちゃうほど若いよね?
世田谷在住だけど、レンタル屋になんか置いてるわけないよね?

どうなのよ?

60 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 11:38:06 ID:sa6uVLs0
>>59
ストローブユイレの映画はクラオタがいきなり見ても理解できないだろうからやめとけ
紀伊国屋のDVDはレンタルはない

61 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 18:14:10 ID:VV2mtBLe
クラと関係なくさ、正直な話おまえらの一番好きな映画は何よ?

まさかSWとか言わないでくれよ

62 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 18:15:41 ID:Z6v5xnlo
>>61
『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』(ストローブ=ユイレ)

63 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 18:19:17 ID:dUaCB7G9
ブルース・ブラザース最高

64 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 18:40:24 ID:vqC8Uv+5
リバーランズ・スルーイット かな
一番ってのはないけどね

65 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 19:10:57 ID:4f8AnV8N
映画はショーシャンクの空にが感動したなあ〜
小説は武者小路実篤が好きだ。

66 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 21:47:12 ID:sa6uVLs0
アタラント号だな

67 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 23:00:40 ID:8EOLSsgp
ティム・バートンとロバート・アルトマン

68 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 23:02:33 ID:chxz5Ya/
ショーシャンクの空に、はとてもよかったです。
勇気でます。
「薔薇の名前」もいいんだけどな。

69 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 23:06:15 ID:8EOLSsgp
↑ホモでしょ、こいつw

70 :名無しの笛の踊り:2006/12/13(水) 23:21:07 ID:FJoHMBKy
高校生時分にお定まりのシュルレアリスムに嵌ったんでブニュエルやマン・レイなどの映画をよく見たな。
「アンダルシアの犬」をビデオを映画の好きな国語の先生に見せたのが懐かしいw

最近は映画より永井荷風や泉鏡花、内田百閧フ小説に傾倒してるけど。

71 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 19:45:25 ID:Wv/ZErQi
タルコフスキーの鏡

72 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 19:58:39 ID:V+7YUgy3
ウィルヘルム便出す

73 :名無しの笛の踊り:2006/12/14(木) 22:01:08 ID:i9/Wq982
マン・レイ見てみたいけど近くのツタヤに無い。
ブニュエルも初期はよく分からん。
後期のフランスの作品が好き。
ブルジョワジーとか自由の幻想とか。

74 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 17:01:48 ID:KlDmePgI
今年封切りされた映画、あるいは買った本でよかったのは?

75 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 18:43:32 ID:Zex68/0I
「硫黄島」二部作

76 :名無しの笛の踊り:2006/12/15(金) 23:30:41 ID:KlDmePgI
イーストウッドの音楽はいいよな〜
彼はピアノが弾けるからさ。ミリオンダラーなんてよかったなあ。

77 :名無しの笛の踊り:2006/12/16(土) 06:46:08 ID:1/j7A7nZ
今オールナイトで007見てきたお!!

エヴァ・グリーンよかた

78 :名無しの笛の踊り:2006/12/16(土) 06:47:11 ID:1/j7A7nZ
今週はどっかで暇見つけて「パプリカ」見る予定

79 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 12:37:16 ID:832t7CtT
コナン・ザ・グレートの音楽は良い。
実に交響曲っぽくていい。
好きな人いますか?
(まあ戦闘シ−ンの音楽があからさまなパクリなんだけどな。)

80 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 14:10:11 ID:ZG13PpqW
age

81 :名無しの笛の踊り:2006/12/17(日) 14:46:50 ID:3jZtZMcB
16 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 09:26:54 iO//APCc
破傷風を扱った映画で、
バッハの無伴奏Cello1番が全編に用いられていたものがあったな。
映画の名前はなんだっけ。

17 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 09:45:43 iO//APCc
『震える舌』だ。恐ろしい映画。
皆さん、注意されたい。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8126/nomura.htm
日本映画って、実は昔から良いものがある。
白蛇抄、天城越え。

18 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 11:08:39 iO//APCc
人魚伝説 白都真理
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=A-00058158
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tonden/Actress01/movie/intro_movie03.htm

19 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 11:41:12 iO//APCc
北の螢
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17492/index.html
早乙女愛
http://www5b.biglobe.ne.jp/~tonden/Actress01/cinema/saotome.html#3

いやはや、80年代の映画は、すさまじ。
青春時代に悪影響を受けたかな。すっかり忘れていたけど。

20 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 11:50:58 iO//APCc
「鬼畜(1978)」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD18889/index.html
ってのもあった。ちょっと前TVドラマ化(ビート武、黒木瞳で)されたけど、
全然迫力が違った。 ちなみに、これも「震える舌」も、芥川也寸志さんが音楽。


82 :つづき:2006/12/17(日) 14:51:45 ID:3jZtZMcB
21 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 11:57:53 iO//APCc
「天城越え」は前にも言ったけど、「疑惑」ってのもあったね。
http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D111497920.html
これも、すさまじい。
黒澤さんの映画は、興味ないのか、ほとんどお世話になっていないけど、
野村芳太郎さんのほうが、オレにとっては凄いのかな?
北の螢のラストシーンと、サルの惑星のラストがダブル今日この頃。

22 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/12/16(土) 12:26:13 iO//APCc
水のないプール
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD17152/index.html
コミック雑誌なんかいらない、十階のモスキート等
>>コミック雑誌なんかいらない」は、内田裕也が大好きな頭脳警察の曲(頭脳警察セカンド収録)です。 しらなかった。w

23 名前:名無しの笛の踊り 本日のレス 投稿日:2006/12/17(日) 09:17:18 sEfKX7OW あと印象に残る映画といえば、、、
「らん、らんらら、らんらんらん♪」RachmaniPcon3に似ているフレーズ。
と猫が歌うアニメ。

24 名前:名無しの笛の踊り 本日のレス 投稿日:2006/12/17(日) 09:31:07 sEfKX7OW 綿の国星
http://www.tanomi.com/chibineko/mayoi.html
■『綿の国星』 プチドリーム あまえんぼチビ猫
http://www.mushi-pro.co.jp/sakuhinnshokai/sakuhinnshokai-watanokunihosi.htm
テーマ音楽/リチャード・クレイダーマン


83 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 23:38:58 ID:LsxeKKyy
敬愛なるベートーベン見に行こーかなー
悩むなー

84 :名無しの笛の踊り:2006/12/18(月) 23:47:36 ID:UGCdKFe+
北野武の作品。
あと サウンドオブミュージックとプライベートライアンがよかった。

85 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 02:08:24 ID:XdQ+RwvR
エマニュエロ夫人

86 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 03:52:46 ID:gBHaJKhH
>>84 コミック雑誌なんかいらない

必見。

87 :名無しの笛の踊り:2006/12/19(火) 23:33:32 ID:PnIk+guv
>>46
最後にJ'ai vieilli.ってうそぶくとこがかわいい。
あの映画の現代版がアメリだね。


88 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 04:03:06 ID:KsJz79jT
2001年宇宙の旅を見てリゲティが好きになった香具師はいるんだろうか?

89 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 05:42:53 ID:vQ5Cbw3f
過去に読んで感銘を受けた小説(国産)
 1、中島 敦「弟子」
 2、福永武彦「草の花」
 3、夏目漱石「文鳥」

短いのばっかり。長いのも読まなくちゃ…。

90 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 05:58:14 ID:w0+XF/Cj
漱石と村上春樹は、
どの時代のものも価値があるし面白いね。

91 :名無しの笛の踊り:2006/12/21(木) 15:35:12 ID:N/XEdoUx
「震える舌」は明らかに「エクソシスト」の影響があるわけだが・・・

92 :1:2006/12/21(木) 22:03:43 ID:KsJz79jT
あなたの愛聴盤と好きな本と好きな映画を3作品ずつ挙げてみませんか?

93 :名無しの笛の踊り:2006/12/22(金) 23:54:59 ID:lnHkg4uD
クラシックにはやたら詳しいのに映画の好みがハリーポッターレベルな人は痛いよね

94 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 17:50:09 ID:sgc/hANk
映画といっても、最近の映像技術が飛び抜けた作品はどうも感銘を
受けない。むしろ、映像技術が未熟だった頃の映画の方が感銘を受けた。
「ロボコップ」の敵役の機械の動きとかは当時から「ひでえなあ」と
思ったがラストの「お前はクビだー!」「Thank you!」のやり取りで
爆笑したり、あっさりと描いて大袈裟なシーンを排した「ジョーイ」とか
に静かな感銘を受けたり、これまた大仰なお涙頂戴シーンを一切描かなかった
「ある愛の詩」にうーんとうならされたり、「猿の惑星」ではラストシーンに
呆然とさせられたり、昔の映画の方が印象が強い。
「ローラ・パーマーの最後の七日間」を見て「こんなのがヒットするようでは
アメリカは完全に病んでる…」とガッカリして、それから映画見なくなってし
まった。
でも、本当はアメリカの映画の復活を心から祈っている…。


95 :名無しの笛の踊り:2006/12/23(土) 23:17:58 ID:cEu7jliz
邦画と洋画の興行収入が逆転したらしいね
20代30代の男のスターって誰も名前思い浮かばないんだよね、今のハリウッドって
女優も小粒

96 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 01:05:33 ID:wAf5qJ9Q
いまの邦画のヒット作はろくなのがねーな

いま会いにゆきます、だあ?会いに逝ってくれ!

97 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 01:19:46 ID:4QPagSNs
>>91
うん、エクソシストも傑作だよな。

98 :名無しの笛の踊り:2006/12/24(日) 12:49:27 ID:1U7DwuHN
>>94
メインストリームにないもので結構面白いと思う作品はあるけど。なんだかんだ
いって映画大国アメリカはその辺の懐が広いから。一般受けはしなくても、良作
というのはいくらでもある。もちろん、その一方でどうしようもない駄作も沢山
あるわけだけど。



99 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 10:19:38 ID:PnHR5jHn
チェコ映画「コーリャ」観ました。いい映画でした。

舞台はビロード革命直前のプラハ、チェコフィルの元チェロ奏者で今は葬式で
演奏をすることで生計を立てている”ちょいエロ”おやじが主人公。このおやじが
或るトラブルから幼いロシア少年と同居を余儀なくされて…

という感じです。あからさまなお涙頂戴でなくて、じわっと来ます。

ラファエル・クーベリックも少し「出演」してます(資料映像からだけど)。


100 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 14:50:07 ID:61FYDv85
一人で寂しくクリスマスを過ごしてるクラオタの俺…
誰かいい映画紹介して^^;

101 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 15:02:23 ID:C4Oqyk8i
>>100
「感染」深夜TBS

102 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 23:19:49 ID:X6IAxnsi
なんでレスが100超えてもゼッフィレリの名前が出ないのか不思議。

103 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 23:26:17 ID:X6IAxnsi
>>100
「忘れ時の面影」
監督マックス・オフュルス
主演ジョーン・フォンテーン
原作ツヴァイク

104 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 23:34:46 ID:X6IAxnsi
しまった。
「忘れじの面影」だ。

レンタルビデオだと、恵比寿ツタヤで見たのが最初で最後。
東芝ホームビデオから随分前にリリースされたもの。色が白く飛んじゃってて見づらかった。

去年あたりからパブリックドメインものでDVDが出て、わくわくしながら見たよ。

えーと、リストの「ため息」はこの映画で覚えました。

105 :100:2006/12/25(月) 23:51:45 ID:61FYDv85
みんなありがとう!
寂しい気分を忘れるのにいい曲ないかなぁ?
俺はラフマニノフのピアコン2番聴いて彼女ができる妄想したよ。

106 :名無しの笛の踊り:2006/12/25(月) 23:55:58 ID:XIagAexd
>>105
>俺はラフマニノフのピアコン2番聴いて彼女ができる妄想したよ。

ワイルダーのことか?

107 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:04:27 ID:BKuEA8au
お前らの2006年ベスト映画は何だ?

俺は硫黄島。

108 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:05:38 ID:wplhTSZr
俺も硫黄島だな

109 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:09:01 ID:lYxmS8JX
ベストとは言えないが、ジャーヘッドはなかなかだった
ダヴィンチ・コードは期待外れ…

ベートーヴェンの出来が気になる

110 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:34:46 ID:ycA3A/e5
非常にマジレスなんだが、X−MEN3は今年を代表する映画

準主役級の役者ガチャガチャ集めて、
年齢(子役〜おじいちゃん)・人種(白・黒・茶色)・性別(男・女・ホモ)、
一通り網羅して、どんな層にも感情移入できるキャラを配置

主役無き世界でテクノロジー(CG)とシステム(ハリウッド)
に翻弄され、何のために誰と戦ってるのか誰も分からないが、
とにかくすごい異能者たち(ハリウッド・スター)、というお話

111 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:44:20 ID:TgTRqEFv
>>105
またしてもジョーン・フォンテーンで「旅愁」。
ラフマニノフ2番も使われてますし。

112 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:46:05 ID:TgTRqEFv
>>106
村主章枝さんみたいな人がタイプですか?

113 :名無しの笛の踊り:2006/12/26(火) 23:51:21 ID:wplhTSZr
>>112
村主章枝のどこがモンロー?


114 :名無しの笛の踊り:2006/12/27(水) 02:04:29 ID:WHBtXiYw
>>113
いやあ、昨シーズンFPからの連想です。すいません。スイマセンスイマセン

そういやどっちも鼻の左横にホクロがあるね。

115 :名無しの笛の踊り:2006/12/28(木) 16:08:33 ID:GHWF6f2U
今年読んで一番よかった本は『人は見た目が9割』です。
読書家の僕が言うんだから間違いないよ!

116 :名無しの笛の踊り:2006/12/29(金) 16:25:42 ID:9Cmedxwq
いや、それが、これ、ネタじゃなくてマジな話なんだが、書店で
「フランダースの犬」の翻訳の文庫本見つけて、なぜか久しぶりに
読みたくなって買ってしまった。これ読んだのは幼稚園くらいなの
だが、今、オッサンになって読み返してオンオン泣いてしまった。
こんな姿は親にも見せられん。あー…みっともない。

そんなわけで、今年一番の本は「フランダースの犬」ということで…。
来年は、これまた超久しぶりに「アルプスの少女」でも読んでみようか。

117 :名無しの笛の踊り:2006/12/30(土) 14:22:53 ID:HxCjHNkx
クラと映画と言えば、実相寺昭雄ですな。

でもここで追悼が書いてない。

118 :名無しの笛の踊り:2006/12/31(日) 03:17:54 ID:o0CCKmFt
クラシックファンが読んで面白い本ある?
宇神幸男って面白いの?

119 :名無しの笛の踊り:2007/01/01(月) 17:36:11 ID:Ib2ii4K8
あけおめ!
なんかオモロイ正月映画あるかなぁ?

120 :名無しの笛の踊り:2007/01/05(金) 02:39:02 ID:AD6/PIqA
グールドをめぐる32章だっけ?あれ面白かったな

121 :名無しの笛の踊り:2007/01/05(金) 06:28:44 ID:zW6zwjUP
映画といえばやっぱアマデウスかな。
あれは最高のエンターテイメントだと思う。

矛盾するようだが映画等でクラシック使われると、それが効果的であればあるほど変なイメージがついちゃうのであまり好きではない。

本といえば、題名に惹かれて買ったケッヘル(ミステリー)てのが中々面白かった。

122 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 03:30:27 ID:Xsghb0YC
アマデウスはいろいろ史実と異なるらしい
モーツァルトが指揮棒振ってるシーンがあるからね

123 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 03:51:27 ID:yazttoQo
メイナード ソロモン(著)/石井 宏 (翻訳) 「モーツァルト」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%B3/dp/4403120067

これモツヲタには最高!!

124 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 11:55:38 ID:9L6uHcLn
アマデウスって、シネフィルには評判悪い映画だよね
アマデウスほめるのはシロート、ツウはマグダレーナの日記を絶賛するものだという

125 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 12:00:45 ID:dLQwSNR7
日本の小説で良かったもの
埴谷雄高「死霊」
小島信夫「別れる理由」
大西巨人「神聖喜劇」
他に横光利一、藤枝静男、泉鏡花、谷崎潤一郎、
現役だったら多和田葉子と阿部和重がいい。

海外
ゲーテ「ファウスト」
ダンテ「神曲」
ジョイス「ユリシーズ」
プルースト「失われた時を求めて」
他にナボコフ、クノー、タブッキ、レーモン・ルーセル、
フォークナー、ベルンハルト、ノヴァーリス
現役だったらガルシア=マルケス、カズオ・イシグロ

詩なら
エリオット「荒地」
ボードレール「悪の華」
日夏耿之介
他にヘルダーリン、ツェラーン、リルケ、ランボー

映画
十三人連続暴行魔、太陽を盗んだ男、ある殺し屋
ガラスの墓標、2001年宇宙の旅、気狂いピエロ

恥ずかしいくらいベタだなあ。
無伴奏シャコンヌ、早くDVD化してくれ。

126 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 16:28:20 ID:franiqQT
村上春樹最高!!

127 :名無しの笛の踊り:2007/01/06(土) 19:09:50 ID:Xsghb0YC
>>125
ちなみにクラの趣味は如何ですか?
演奏家は誰が好きですか?
多和田葉子はいろいろ読んだけど、球形時間が一番好きだなあ

128 :名無しの笛の踊り:2007/01/07(日) 15:13:08 ID:AplqN0Q1
酒見賢一の「後宮小説」が好きな私はここに居ても良いでしょうか?

129 :名無しの笛の踊り:2007/01/07(日) 16:59:11 ID:DLEIghvs
いやむしろ、「老人と海」がちっとも面白くなかった私がここに
いる資格がないような気がしますが…。

130 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 08:58:31 ID:iIbjv5f3
謙遜しあうスレになりかかてるよw

131 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 11:56:41 ID:Vf7AkXas
>>127
クラシックもベタです。
しかも一般的な評価の高い盤しか持っていません。
フランドル楽派からスペクトル楽派まで雑食です。
ここ最近はSACDばかり購入しているので選び方が変わりました。
昨年行ったクラシックのコンサートはアーノンクールだけという貧困さです。

多和田葉子は11月、立て続けに中編と短編集と詩集が出ましたね。
その中では、ひさしぶりの二人称小説だったので「アメリカ」が好みでした。
「球形時間」いいですね。私も好きです。
多和田はタイトルを語呂合わせするんだなと気づいた一冊です。

132 :名無しの笛の踊り:2007/01/08(月) 23:52:53 ID:rW4Hx1Dg
>>131
多和田葉子といえば変身のためのオピウムなんてまったく意味不明でした

私は絲山秋子が好きです

133 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 00:01:20 ID:ypj+6SpL
海の上のピアニストが大好きです。ジョゼッペトルナーレの映画は大体好き。


134 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 00:15:58 ID:cZS1/28f
孤独なクラオタにはドストエフスキーだろ。

135 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 01:19:42 ID:L0Qx4ewh
最近読んだ小説って佐藤賢一くらいなんですが
ここにきてOK?

136 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 21:36:30 ID:kaBaoxiF
十返舎一九とかもOk?

137 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 21:48:21 ID:2fXAVaIU
変わったやつだ
俺は種田山頭火なんだけど、おk?

138 :名無しの笛の踊り:2007/01/09(火) 22:30:42 ID:x9ztqMVx
ミステリーなぞ2題
高野史緒『ムジカ・マキーナ』・・・ブルヲタ必読
山之口洋『オルガニスト』・・・バッハヲタ号泣

139 : ◆Keith./SXw :2007/01/09(火) 22:46:44 ID:kE+N34ZT
夏目漱石の草枕はグールドファン必読の一冊とぃぇょぅ

140 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 18:38:38 ID:ZugnpFoC
純文学好きのAくんはベートーベンとブルックナーが好き。
エンタメ好きのB子さんはモーツァルトとショパンが好き。
この二人に共通点はあるだろうか?

141 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 18:44:56 ID:JdBnDlBh
間をとって「ベニスに死す」を観て、マラ聴くべし。

142 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 18:48:37 ID:Mt4yCIN6
澁澤龍彦が好きなんですが。
それで好きな作曲家はブラームスとドヴォルザーク。

143 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 21:17:36 ID:iNnsTE44
グアルディーニの『ソクラテスの死』であげ
ヨッフムと交わした書簡も出してほしい

144 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 21:19:35 ID:gqfM58Ry
1999年のイギリスのオムニバス映画『チューブ・テイルズ』で
ブル9の3楽章がとんでもないシーンで使われてます。
げげげげげー!!
・・・フルヴェンの演奏だからいっか・・・

145 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 22:05:54 ID:Mt4yCIN6
↑どんなシーン?

146 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 22:12:59 ID:gqfM58Ry
だから
げげげげげー!!!

映画自体はいい映画なのでTUTAYAでかりて
見てください!

147 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 22:18:21 ID:KuwevIzM
ソドムの市のカルミナ・ブラーナ

148 :名無しの笛の踊り:2007/01/10(水) 22:19:29 ID:21+fpmsG
相米慎二監督、薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」で、父を殺され留守宅を盗人に荒らされた薬師丸が、呆然とリビングに座り込むシーン。ふと点けたラジカセから、「神々の黄昏」が流れてくるわけだが。

149 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 01:55:19 ID:OWhdXMTd
将来の進路について考えてるときに、薬師丸の「セーラー服」を見て
映画は無いな、と確信しました。

ラストシーンはほとんどトラウマです。

150 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 07:50:26 ID:wH0ZmSNe
割り込み。
中島敦の「山月記」を読んでショックをうけた人は多いんじゃない?

151 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 08:47:28 ID:3CSRnXBX
>149 進路?虎馬?
薬師丸が歩行者天国の雑踏の中でアホのように“エア”機関銃を撃ちまくるあのシーンか。役者に唯ひとりで演じさせ、望遠で撮ったカメラほかクルーは誰もその場にいなかったという。

152 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 14:30:38 ID:ne948jOh
バッハ→グリフィス
モーツァルト→ドライエル
ベートーヴェン→エイゼンシュテイン
ワーグナー→ヒッチコック
サティ→シュトロハイム
ドビュッシー→ルノワール

映画界に当てはめるとこんな感じか?

153 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 18:06:17 ID:FJwsXW5e
>>152
うん 悪くない
ベートーヴェンはフォードの方がいいと思わない?
ワーグナーはヒッチでもいいが、ホークスの方が
サティがシュトロハイムというのはまったく理解できない、トリュフォではどうか
ドビュッシー=ルノワールというのはぴったりだね
ハイドン=ドライヤ、小津=モーツァルトでどうだろう
ブラームスはヴィスコンティか

154 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 20:19:55 ID:VBoGRXQx
アレキサンドリア四重奏、復刊ですよ!

155 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 22:01:15 ID:ne948jOh
>>153
いや、ドビュッシーはルノワールっぽいかなと思って、
じゃあルノワールに影響与えたシュトロハイムはサティかな?と・・・少し短絡的すぎたかな。
シュトロハイムのイメージは確かにサティとは全然違うしね。
あとショパン=ウェルズ、リスト=ベルイマン、フォーレ=フェリーニ、ラヴェル=アントニオーニ、
ライヒ=ブレッソン(或いはパゾリーニ)、ケージ=カサヴェテス、ビートルズ=ゴダールでどうだろう。

156 :名無しの笛の踊り:2007/01/11(木) 22:11:18 ID:FJwsXW5e
>>155
ショパンはあえてブレッソンでおながいします
ウェルズはメンデルスゾーンとか
ヴェルディはロッセリーニで、デシーカまたはドブロカがプッチーニ

>リスト=ベルイマン、フォーレ=フェリーニ、ラヴェル=アントニオーニ
ここらへんはなかなかいいかんじ




157 :名無しの笛の踊り:2007/01/13(土) 18:25:17 ID:i3PclTdb
白い影ってドラマはやけにクラシックを多用してたな。マラ5とかさ。


158 :名無しの笛の踊り:2007/01/15(月) 18:39:01 ID:T6oTW1tc
敬愛なるベートーベン、結局どうだったの?

159 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 04:28:13 ID:kfgxY2bN
硫黄島受賞記念age

160 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 13:28:33 ID:/NjWKt1i
2006年の邦画では「神の右手と悪魔の左手」が面白そうで見たかったが、
気が付いたら東京での上映期間は終り、関西のみ上映となっていたので見られなかった。
原作が原作なので興味があったのだが…。DVD早く発売してくれ。

161 :名無しの笛の踊り:2007/01/17(水) 22:53:11 ID:hb+zdzSB
ハイフェッツが出たっていう「かれらに音楽を」って発売されてる?

162 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 18:03:39 ID:UaaBB05G
「ほんとうのデュ・プレ」を見た人います?
映画や原作のレビューを読むと「これは醜い」とか「死人に口なしと言う他ない叙述」とか
「細かい記述はフィクションと見るべき」とかいうのが多くて、見るのが大いにためらわれますね。
同じ理由で原作も読むのがためらわれる…。
原作者はデュ・プレに恨みでもあったのだろうか。

163 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 23:18:18 ID:3F6Fp0/F
「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」はいい映画です。
バレンボイムがやなやつだったり、義理の兄との関係が下世話
な暴露と取られたりしていますが、この映画の本質はもっと深い
ところにあります。伝記やドキュメンタリー映画的な要素は
薄いですが、映画として非常に出来がいいです。まか不思議な
ラストは賛否両論ですが私は素直に感動できました。
映画はフィクションでいいのです。
「アマデウス」しかり、「ヤング・トスカニーニ」しかり・・・

ぜひ観てほしい映画です・・・

ところで原作は実の姉。



164 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 23:20:02 ID:GNwkvXFo
つかデュ・プレって美人じゃなくね?

165 :名無しの笛の踊り:2007/01/18(木) 23:27:18 ID:3F6Fp0/F
まあ、 不治の病ですんで。

166 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 12:33:27 ID:xhbmONGg
>>164
俺には直球ど真ん中だ。


167 :162:2007/01/19(金) 13:31:55 ID:dOrG5Gnr
163様、ご教示ありがとうございます。正確な伝記映画ではないということですね。
してみると「未完成交響楽」とか「アマデウス」とかと同じように考えればいいのか。

168 :名無しの笛の踊り:2007/01/19(金) 22:08:18 ID:C9izzAO4

映画的には『シャイン』が近いかな

169 :名無しの笛の踊り:2007/01/21(日) 01:09:40 ID:hHpUKJjE
>>168
シャインといえば、ヘルフゴッドはこの板的にはどうなんだろ?

170 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 02:48:32 ID:V+JASa1/
ヘルフゴッドってCD出てんの?

171 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 04:46:35 ID:7HCOdIub
>>142
そういや澁澤が音楽語ってるのって無いかも。

「ピアノの巨匠たちとともに」は良書。ホロヴィッツが人間的に少し好きになった。

172 :名無しの笛の踊り:2007/01/23(火) 05:36:34 ID:A1M382Eo
そういえば、、、
最近男子高校生が、実験室からクロロフォルムを盗んだんだよな。
なにに使うつもりだったのだろう。もしかして、、、>>82

173 :名無しの笛の踊り:2007/01/26(金) 00:56:48 ID:/RgloZZJ
で、敬愛なるベートーベンはよくなかったのか?

174 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 23:21:10 ID:YkM06tNE
チェリビダッケの庭って見た人いる?

175 :名無しの笛の踊り:2007/01/27(土) 23:35:17 ID:TLp5vkyj
>>174
mixiのチェリコミュには居たな

176 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:04:14 ID:XJLWywFz
本屋大賞の候補、なんだよありゃ

劇団ひとりなんか選んでどーすんの

177 :名無しの笛の踊り:2007/01/29(月) 20:46:41 ID:vfQ1KhRA
そういえばソレルスの、読んだ人いるかい?


178 :名無しの笛の踊り:2007/01/30(火) 02:17:45 ID:p25IFscN
>>177
茂木健一郎が推薦してたな

179 :名無しの笛の踊り:2007/01/31(水) 15:16:47 ID:CCK8JSLT
演奏家に関する面白い本ある?
グールドの書簡集なんかいいよね。

180 :名無しの笛の踊り:2007/02/04(日) 23:56:01 ID:F2Gie79U
芥川賞の作品読んだやついるか?

181 :名無しの笛の踊り:2007/02/05(月) 00:06:31 ID:k1PnBL2w
やっぱり映画といえばタルコフスキーは捨てがたい。
「惑星ソラリス」「ストーカー」「鏡」「ノスタルジア」「サクリファイス」など
結構クラも使われてるよね。
あとはベルイマンとか。
本は最近あんまり読んでいないなあ。。。

182 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 00:23:23 ID:Aet1lttD
2001年宇宙の旅のあの音楽の使い方はネ申だな!

183 :名無しの笛の踊り:2007/02/09(金) 18:37:08 ID:jgerGmib
だな!

184 :名無しの笛の踊り:2007/02/10(土) 22:24:23 ID:2eMceCA7
『未来惑星ザルドス』って映画のテーマ曲が
ベト7の2楽章をアカペラの合唱でやった
やつだった。異様に怖かっただ。
内容はショーン・コネリーが半裸で暴れる映画。


185 :名無しの笛の踊り:2007/02/14(水) 02:27:26 ID:68khm9ye
どろろ見たやついるか?

186 :名無しの笛の踊り:2007/02/18(日) 12:31:00 ID:kkWSqeCa
「愛と哀しみのボレロ」で、
ダニエル・オルブリフスキー(カール役)が
凱旋門の上で指揮してる曲の名前、
知ってる人いたら教えてください。

伊丹十三「タンポポ」で、
山崎努らが一斉にラーメンのスープ飲みほす
シーンで流れてたのも同じ曲でした。


187 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 00:34:27 ID:9ML1rhob
タンポポは何度か見たけど何の曲だっけ?
マラ5?

188 :名無しの笛の踊り:2007/02/19(月) 00:40:33 ID:yCWEjjmO
曲名質問スレのテンプレより

・映画に使われたクラシック音楽
 ttp://www.geocities.jp/gokuraku_ya/persons/classic1.htm

上記サイトによると、

>愛と哀しみのボレロ(ルルーシュ1981)
> ショパン:夜想曲第?番
> ブラームス:交響曲第1番
> ベートーヴェン:交響曲第7番第4楽章
> ベートーヴェン:『月光』第1楽章
> ラヴェル:『ボレロ』
> リスト:交響詩『前奏曲』
> リスト:『ファウスト交響曲』

>タンポポ(伊丹十三1985)
> マーラー:『巨人』
> マーラー:交響曲第5番第4楽章
> リスト:交響詩『前奏曲』

共通してるのはレプレだね。

189 :186:2007/02/19(月) 16:46:41 ID:RY81SPzl
>>187-188
CD買ってみて確かめたら、
レプレリュードでした。

役立つhpまで教えていただき、
ありがとうございました。


45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)